FC2ブログ
23
2016

ブログタイトルの見直し方をもっとわかりやすく書いてみた

CATEGORYブログ運営
elly20160702483118_TP_V1.jpg


ブログでなかなかアクセス数が上がらない場合にまっさきに
注意するべき点としてブログのタイトルを見直す必要があります。

ブログタイトルは検索されやすいキーワードを盛り込む必要がありますが

それでもアフェリエイトとして成果に繋がらない場合

ブログに貼っている広告に興味があるユーザーに対してのキーワードの選定
抜けている可能性があります。

これはどのようなことなのか。

具体例を出して説明します。

例えばあなたが日本酒について紹介するテーマのブログを書いていたとします。

そして紹介した日本酒を買えるネットショップの広告を貼っているとします。


この場合、日本酒を買ってもらうのが目的なわけですから

それを見越してタイトルのキーワードをつける必要があり、
「日本酒」「おいしい」「安い」などのキーワードの他にも

「ネットショップ」や「通販」などのキーワードもつけなければいけません。


逆の立場になって考えてみるとわかりやすいのですが、例えばあなたがお酒をネットで買う場合には

あたり前ですがネットで買う方法を探しているのであって、ただ安いお酒や、ただおいしいお酒を探している
わけではないですよね。

お酒をネットで買う側の立場になってみて、あなたが掲載している広告をその人が検索する時にヒット
するキーワードを入れなければいけません。

アフェリエイトで稼ぐにはこの「ネット」「通販」と言う言葉がかなり重要なのです。


まとめ


アフェリエイトで収益を上げるにはただ紹介するだけでは
なかなか収益につながりません。

肝心なのは成果地点を予測してキーワードを選定することです。

ただし、複数の商品の紹介や
書いている人物を目立たせ他のブログと差別化したい場合などでは
わかりやすいタイトルをつけたほうが印象に残りやすいです。

例えば田中さんという人物が自分自身を全面にだして商品を紹介する場合や
日常から商品レヴューをする場合などは「田中です。」とかいうシンプルでわかりやすい
タイトルにしたほうがブログを覚えてもらいやすいです。

私もこのブログのタイトルを
「ゆうひはのぼらない」としてのもそのため、で探してみると

キーワード選定よりも覚えやすさ重視でタイトルを付けている方もかなりいて
収益を上げている方もいます。

よって

商品などオンリーで紹介する場合はキーワード重視のタイトル

人物や複数の商品や情報を紹介する場合は語呂が良く印象に残りやすいタイトル
をつけると良いと思います。
関連記事

0 Comments

Leave a comment