07
2016

イラストが上手くなる方法を考えてみた。|イラストが上手くなるにはこの2つの方法に気をつけるべき

201612061510557d3.jpeg




前回の記事は「 現状の私のイラストついて自分で思っていることを書いてみます。  」を更新しました。

こんにちは!イラスト製作でちょっと思っていることを
書いてみます。

初心者の方で私のようにイラストで行き詰って苦しんでいる方で
なおかつ将来イラストの仕事をしたいなと思っている方は
ぜひ読んでほしいと思います


まず現時点で売れてない、もしくは絵の仕事をしていないってことは
9割の人が売れる「イラスト」を描いてないのが原因です。

その対策として今日はどのように自分のイラストのレベルを上げていけるか
考えていきます。


自分のイラストは客観視しづらい



まず、これはイラストかいている人ならわかると思いますが
他の人がかいた絵ならばうまいか下手か、何がよくて何が悪いか
どういう個性があるのかなどすぐにわかると思います

けれど自分の描いたイラストってどこにミスがあるのか気が
つきにくいのですよね。

これはおそらく自分が時間をかけて描いたイラストだからと
いった先入観のようなものが出てきているからでしょうね。

これが成長を妨げます(笑

自分の絵の欠けているものに気づけないと改善のしようが
ないし、ずっと評価されないと自分は才能がないと思い込んでしまいます。

あとは、イラストを描いていると何時間も同じ絵を見続けている
ために感覚が麻痺して?判断がつかないからというのもあると思います。

しかし、そんなときには良い判別方法があります。


人に見てもらう



それは友人などに見てもらってミスなどを指摘してもらったり
逆に良いところをいってもらうことです。

これは客観的に自分の絵を判断してもらう方法です

できれば自分が好きな絵と同じ方向性の絵に関心がある友人と
全く何もしらない友人二人以上に見せることで、

面白い感想をもらえると思います。
ただ見てもらうときは、下手にうまいとか言わせないように
正直な感想を言ってもらうことです。

「下手だね」といわれても落ち込まずに

「どこがへん?」などと聞いて見ましょう。

なるほどなと思う答えが返ってくるはずです。

もし手足の形がおかしいと言われたらデッサンに問題がありますし
何かベタ塗りだねといわれたら、色塗りで光や影についての把握ができてない場合があります。

友人に見てもらうイラストは、変な維持を張らずに自分が今一番最高
だと思うイラストを見せましょう。


プロのイラストレーターと自分のイラストを比べてみる



あとは自分が好きなプロのイラストレーターのイラストと
自分が描いたイラストを比べてみて、

何が良いのか悪いのか客観的に見ることです。

そうすれば、自分の絵と市場にある絵の差についてはある程度
うめることができると思います。


肝心なのは今の自分の力量を受け入れることです。

プロの「イラストレーター」はそれこそ全ての技量が整っている
言わば、イラストをかいているビギナーにとってのゴールのような場所です。

良いなと思った塗り方や技法は取り入れて
最終的に自分の個性をいかすのがいいのではないかと思います。

誰しもが最初は真似からはいります。

自己流で突き進むよりも売れている絵を研究しましょう。


まとめ



逆に今現在売れているイラストと比べて絵柄が著しく違ったりすると売れる可能性は
低くなります。

イラストを売りたい場合ってやっぱり求められているイラストを描かないと
売れないんですよね。当たり前ですが。

絵を描く人ってそもそもこだわりのかたまりのような人が多いと思うので
自分の絵の方向性で売りたいと考えている方も多いと思うかもしれませんが

それは間違えで、売れる絵を描かないと商売的に成立しないんです。

これを誤解している絵描きの人は多いと思います

私もその一人でした(笑


売れる絵を描きたい人はこの「売れる絵を描いているのか?」
というものに気をつけながら絵を描くとまた違った視点で

自分のイラストを見る事ができると思うので
試してみてはいかがでしょうか?




おすすめ関連記事「 なぜあなたの絵は評価されないのか?|絵がうまくなるための方法、評価される方法を考えてみた 」

関連記事

1 Comments

エゴの塊 塊のエゴ  

破壊神 バハムート

オクラホマミキサーになりたい。抱きしめたい。ショーシャンクの空へ。
今日から俺は。

2017/06/16 (Fri) 02:08 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment