FC2ブログ
30
2016

「スターウォーズ・フォースの覚醒」カイロ・レンの強さは一体どの程度なのか?考察してみた

CATEGORY映画

カイロ・レンの強さについての考察です。

というか、やっと見れました。スターウォーズ「フォースの覚醒」!
できれば劇場で見たかった作品なのですが、フランス旅行直前だったために見れず仕舞いになっていて先週DVDを借りてやっと観れました。

一度日本語吹き替えで見て内容を頭に入れた上で日本語字幕英語で通してで観てもう一度日本語でと3回目の視聴が終わりネットで評価や内容解説を見ているところではあるのですが、

今回は様々な魅力的なキャラクターと共にストーリー的な部分での感想等ありますがあえてカイロ・レンの強さについて勝手に考察感想したいと思います。

あ、ちなみにかなりのネタバレを含みますのでまだフォースの覚醒を観てない方は閲覧注意です。というか映画を観たという方前提で書きます(笑

カイロ・レンのフォースについて

この映画、見た方はとっくにご存知だと思いますが旧エピソード
4,5、6の影響を受けまくっています。

カイロ・レンの立ち位置もダースベイダーまんまですね。それもそのはずフォースの覚醒を手がけた監督であるJ,J、エイブラムス監督は大のスターウォーズファンとのことで監督ご自身も思いいれある作品になったことでしょう。

ファンに対するアプローチも完璧でこれ以上ない演出だったと思います。ヒデチューで小島監督がおっしゃられていたようにまぁなにやっても批判はでるでしょうからね。

そんなベイダー立ち位置のカイロ・レンのフォースの強さやばくないですか?(笑

始まって5分くらいで反乱軍のエースパイロット、ポー・ダメロンが撃ったブラスターのレーザーをそのまま静止させるほどの強大なフォースを持っていました。

過去作で確かにブラスターのレーザーを弾くジェダイはいました。

しかしそのまま静止させるフォースの描写はありませんでしたし度肝を抜かれました。

普通のジェダイもブラスターを静止させるほどのフォースをもっている
のか?という疑問がわきましたがどうでしょう?

普通のジェダイはブラスターのレーザーを静止させるほどのフォースはあるがあえて使わずライトセーバーで弾くことによって守りを攻撃にかえている。

もしくはそれほど強大なフォースを持ち合わせてなく、フォースによる先読みによってでしか防げなかった。

ここで思い返されるのはエピソード2でヨーダがアナキンとオビワンを助けるためにドゥークー伯爵のフォースによって落とされた大きな鉄の柱を持ち上げて静止させている場面ですがヨーダは鉄の柱を持ち上げて下ろすととても疲れているような描写がありました。

ということはおおきな質量を持つ物体を静止させることは並大抵のフォースではできないことが明白であり、じゃあブラスターのレーザーを静止させるのと鉄の柱を静止させることによる使われるフォースの大きさですが

あの鉄の柱は素人目に見ても何百キログラムはありました(その星の惑星の重力を考慮していないため正確ではないが)

対してブラスターのレーザーの質量ですが、人体に当たると即死するほどのエネルギー波で絶えず等速直線運動をしているわけですからそれを何十秒間も、しかも意識をずらしても静止させ続けるのは半端ないフォースを使うのがわかると思います。

よって現時点でさえカイロ・レンの通常時のフォースは並以上だと思われます。

ですがカイロ・レンはまだまだメンタルの部分で安定していなくて
劇中でもすぐ感情的になったり、光の誘惑(笑)に負けそうになったりしています。事実最後はレイのフォースに負けていますしね。

よって潜在的なフォースは祖父のアナキン同様に強いと思われますが
修業を終えてないのでまだまだ実力不足感が否めないですね。


カイロ・レンのライトセーバーについて

カイロ・レンのライトセーバーは今までのエピソードと比べても特殊な形をしているのですがこれはカイロ・レンが古代の知識を用いて作ったらしいですね。

ここのブログにたどりつくレベルでしたら既にご存知かとおもいますが
ライトセーバーの剣技にはフォームというのがあります。

守りの型や攻撃の型、シスが愛用する対ライトセーバー戦用の型などジェダイによって様々なフォームがありますが過去のエピソードで言えばそのフォームに則ったライトセイバー戦を見る事ができました。

しかしカイロ・レンに関して言えばどのフォームもまだ身に着けてないように見え闇雲にセイバーを振り回しているように見えました。

おそらく、スノークの発言からもわかる通りまだ修行を終えていないために自己流で戦っていたのではないかと思います。

あとはフィンに少し苦戦していたあたり、フォースによる先読みもまだまだ未熟だと思われますね。

まぁ潜在能力では一流だがメンタル面が不安定、修行を終えていないこと、映画終盤ではケガをしていたことでまだまだ本来の実力が出せなかったのだと思います。

よってカイロ・レンはこれからどんどんと強くなっていくのではないでしょうか?
個人的にもとても好きなキャラクターなのでカイロ・レンのこれからの成長は楽しみでもあり、光の誘惑に耐えられるのか見ものでもあります(笑

次のスターウォーズは2017年が公開予定で監督は別の人に代わり、

映画「ルーパー」やドラマ「ブレイキング・バッド」の一部を手がけたライアン・ジョンソン監督らしいのでフォースの覚醒で散りばめられた複線をどう回収するのか今から楽しみですね^^

               
                  ゆうひのぼる
関連記事

0 Comments

Leave a comment