FC2ブログ
09
2016

ブログを毎日更新し続けるために大切な2つのこと

CATEGORYブログ運営

おはようございます。ゆうひのぼるです。
いやーブログ運営をアフェリエイトやビジネスとして運営している方の凄さを改めて実感しています。
毎日ブログを更新するって意外としんどいんですよね。

というのも私自身、アフェリエイトをするためにブログを作ったこともこれまで何度もありましたが
どれも1ヶ月たたずだいたい1週間以内にやめちゃうことになってましたね。

なぜならお金を稼ぐためにブログを書くというのは思った以上に制約があり
ブログの特性上、すぐに結果がでないこともあってめんどくさくなってしまうのですよね。

毎日ネタ探しと記事を書くということに疲れてさらにpv数が一日
全然ないとやる気もなくなってしまいまいます。

かつてブログを運営していて途中でやめてしまったという方の
中にもこのような方がいるのではないでしょうか?

そんな私でもブログの運営を始めて2ヶ月目に突入しました。
ブログを6月末から書き始めて毎日更新することを心に決めてなんとかその誓約を守りとおしています

じゃあなんで挫折続きの私がとりあえず1ヶ月毎日ブログを更新し続けて
2ヶ月目からは一日平均3本の記事を更新できるようになったのか簡単なようで見落としがちな
コツについて書きたいと思います。いや私のような方が絶対いると思うので参考にでもしていただいたらと思います。

pv数を全く気にしないこと

まず第一にブログを始めたばかりのころにpv数を気にしないことです。

pv数とはそもそもなんなのかということですが
そのブログに訪れた方の数字で、UUとはユーティリティユーザーとも言い
新規の来場者の数のことです。
pvは同じ人でも、ページ更新をすれば数字は増えますがUUは増えない違いがります。
なので本当はUUに注目するべきなんですね。

でまぁ話は戻りますがこのpv数が少ないというのは当たり前ですよね。
いわばブログを開設した当初って無人島に一人降り立ったようなものですからね。
そこに人を招くには
島の外の人に、島にきてもらうようにメッセージを送って存在に気づいてもらわなければいけません。

なのに浮き足だって記事が少ないうちにpv数ばかり見るのは意味がありません。

だってそんなすぐに増えませんから。

1ヶ月記事を更新して一日10UUくればかなり順調とと言われています。

年収4800万円稼いでいるあるアフェリエイターさんの本を読んだのですが
アフェリエイトの場合大体3ヶ月で1件成約がとれれば良いと言われているそうです。

なのでモチベーションの低下を招くpv数というのは見ないほうが絶対に良いと
思います。
どうしても気になるという方はランキングを確認してください。
ブログを更新するとランキングというものは必ずあがりますのでモチベーションの維持
にも繋がります。

好きなことをブログにせよ

よくアフェリエイトの本などで毎日コツコツやってくのが大事と書いてあるのですが
その毎日コツコツができない人が多いんですよね。

そりゃお金になるか確信がないものに毎日時間を費やすのはきついです。

そう考えるとブログって長続きしません。

なのでブログの更新するテーマを決めるときは自分が好きでなおかつ
毎日接しているものとかにしてください。

ブログは学んだ知識やそれに関連することや日々の目標に向かう自分など
をありのままに記事にすればいいです。

そしてほんのちょっとこれを読んでいる人はこのブログだけで
納得できるだろうかと考えながら書くと良いと思います。

気を張って毎日書くのはだれてしまいます。
大抵の人は他に生計を維持するために仕事などもしているわけですし
貴重な時間を使っているのも事実です。

ブログはそんなに気を張らずに自分が面白いと思うこと
できるだけ第三者の目から見てもわかりやすく書くことが最初続けられる大事ことだと思います。

つまるところ最初は備忘録ぐらいにとらえておくのが
長続きするコツなのではないかと思います。

ノウハウの前に個人の心構えの部分で失敗している方が多いと思います。
目的にあった自分の心の調整をすることをわすれないでください。

とかいう私もまだ始めて2ヶ月目。

しかも私はアフェリエイトメインで稼ぐのとは違い
自分が作っているゲームの見込みのお客さんを作るためにブログ
を開設しました。

なのでそれぞれ個人のブログに合った運営が必要だと思います。

このブログでは個人事業主で個人や少ない資金で起業を考えた方が
参考にするブログとしてやっていければなと思います。

しかしもちろんアフェリエイトもやっていき
このブログで月に3万から~5万円を稼ぐことを目標にしたいです。

私もゼロ資金から情熱だけでゲームを作っていますので
ハードルは多いと思いますががんばりたいと思います。


ではではー^^ またお会いしましょう。さようなら。
関連記事

0 Comments

Leave a comment