05
2016

やる気維持、計画作り、マインドアップに目標を挫折しないための「todoリスト」作成のススメ!



20160902072155eb5.jpeg



今日は私が毎日行っている
「todoリスト」の作成について書きたいと思います。

やりたいことややらなければいけないことがあっても
できなかったり、つい忘れてしまうことはありませんか?

それは一日にやらなければいけないことを自分の中で整理できてないことが
大きな要因です。



todoリストとは何か?




todoリストとは今日何をやりたいのか、何をしなければいけないのかを
をリストにしてまとめることです。

リストにすることによって何にどれくらい時間を費やすのかを簡単に
明らかにできます。

小学校の時間割のようですね。

todoリストは紙に書いたり、スマートフォンのメモ帳に書いたり
私のようにブログに書いたりと自由に作っていくことができます。


todoリストを作ることによって得られるメリット




リストを作ることで、
自分がやりたいことややらなければいけないことが鮮明に見えてきます。
これはとても大きなメリットです。

今まで時間がなくて、できなかったこともあると思います

しかし毎日の日課としてリストを作っていくと、1つの物事に対する時間のかけ方
がわかってきて、毎日どれくらいの量のことをどれくらいの時間でやれるのかが
簡単にわかってきます。

簡単に言えば「自分の限界」が見えてくるのですね。

その中で、「今の自分に本当に必要なもの、不必要なもの」がわかってきますので

これを仕分けしていけば

自分がいかに毎日の時間を無駄にしていたかがわかるメリットがあります。

私自身、いきたくない会食や人と会うこともなくなりましたし、
ゲームをしなくなり、テレビも見なくなりました。

todoリストをつくり、カロリー管理をしてダイエットをしているために
お酒も飲まなくなりました。

また、
今日は何をすればいいのかを予めリストアップすることによって
色んな情報に惑わされて右往左往することもなくなります。


todoリストを作ることのデメリット




デメリットとしては達成困難目標をつけて達成できず
モチベーションが下がってしまうことがあります。

これは自分がどうみても達成可能な目標のリストからこなしていくことで
直すことができます。
そうしてリストの内容はこなせる時間があるのならば、
早朝だろうが起きたばかりだろうが早めにこなしていくをおすすめします。

日々、自分のリストを完全に達成できるようになったのならば
リストの内容や項目を増やしたり、目標のレベルを上げてみるといいと思います。


習慣化できるまでが結構大変




習慣化できればこっちのものですが、人間、習慣化できるまでが大変ですよね。

「習慣」というものは2ヶ月続けてやっと習慣化できるそうです。


なぜならば人間というのは安定を求める生き物です。

何かがんばったりするとそれに反発する現象が働きます。


自分の中で「普通」の状態になるまでは体が「無理するなよー」
と楽な方向へ誘導しようとするのです。

それまでは少しがんばる必要があります。


todoリストを作るときのコツ



まずは何をやらなければいけないか、何をやらなくてもいいのか
を明らかにしてみてください。

何をやらないかも重要です。

何かを選択するということは何かを捨てるということでもあります。
時間効率を考えると自分にとって必要なことを重視するべきです。

私がtodoリストを作って最も肝心だなと思ったなことは
この「捨てる」ということです。

一見何気なく生活して当たり前だと思っているものでも
実はやらなくてもいいものだったり、

やることによってメリットよりもデメリットの方が多いことの方が
多いと思います。

それをいかに捨てられるかはtodoリストを作る上で大事になってきます。

やりたいことがあっても、時間がなくてできないのは、
やらなくてもいいことをやっている可能性があります。

なのでこれをまず明らかにするのがtodoリストを作り、
やりたいことや目標を達成していくためのにコツだと言えます。


todoリストを作るだけで満足していても意味がない



当然ながら計画は実行するから意味があるのであって

計画だけ作って終わってしまうと計画をする意味がありません。

なのでまずはなにをやりたいのか、そしてなにをやらなければいけないのか
からリストアップしてみてはいかがでしょうか?


必ずリストの反省をする。



リストをこなしっていったら簡単でかまいません。

一日のできたことできなかったことを明らかにして
できたことは改善できるのか、

できなかったことがあったのならば
何ができなかった原因になっているのかを明らかにすることが大事です。


まとめ




今の現代社会では仕事から始まり、家での掃除洗濯、
家事や日々のやらなければいけない日課だけでも大変です。

ましてやその中で、

新しいことに挑戦したり、やらなければいけないことを増やすというのは

結構大変です。

そのように思っている方はいませんか?


しかし、実際のところは私自身、todoリストを作ってみて思ったことがあって

それはあまりにも生活の中で無駄に過ごしている時間が多いと思ったことです。

娯楽に割く時間はもちろん、食事のペースや移動時間までも
一日に浪費している時間はかなり多いです。

それを計ってみると愕然としました。

「こんなにも時間を無駄にしていたのか」と。


・やりたいことはあるけれど、何から始めればいいのかわからない。

・生活が大変で、やりたいことができない。

・やりたいことを継続できない

という人は自分の生活を見直しさらには改善する意味でも
todoリストはかなりの効果があると断言できます。

まずはできる範囲から始めてみてはいかがでしょうか?





関連記事

0 Comments

Leave a comment