FC2ブログ
23
2016

todoリストを始めてみて感じた目標に対する向き合い方と人生についての話

CATEGORY今の気持ち


20160902072155eb5.jpeg





todoリストをはじめてみて



まず、目標を達成するには正しいやりかたでないと努力に見合った成果
を得られる可能性が下がってしまうことがわかりました。

大事なことはまず、目標を達成できるだけの環境を整えること。

そして、モチベーションの維持の方法自分で工夫すること。

継続性できるだけの環境とモチベーションを保つこと。

目標を正確に達成できるだけの手段を調べて実行すること。

具体化された計画を立てて日々改善しながら工夫すること。

以上が整って初めて目標が達成されることがわかりました。

よく本などで、手段の方法ばかり教えて、
読み手のほうが一時的には納得し、奮起しますが
目標に対しての行動ができなかったり、やっても続かなかったりするのは

手段がわかっても、目標が達成できるだけの環境がなかったり
モチベーションがなかったり、継続性がなかったために起きることだと思います。

私自身、ダイエットを例にあげれば、
ランニングだけしていれば痩せるだろうと
いう甘い考えでいました

しかしダイエットというものは当たり前ですが、消費カロリーと摂取カロリーを把握し
カロリー管理だけすれば必然的に痩せるということをアドバイスから知りました。


そしてこれは全てのものに応用できるのではないか?

と考えました。


絵に対しての向き合い方




思い返せば、僕自身、何か物事を始めようとしたときに
正しい方法をすることについての認識は甘かったと思っています。

イラストなどで言えば、デッサンなどの練習はしたことがありますが
パースについては全く勉強していませんでした

パースなんて結局は感覚だろ?みたいな甘い考えでいたからです。

これは反省しようと思います。

イラストを描く上で、先人達がこれは必要だよっていうものを
学んで、そうすることで初めてじゃあ武器として何を使うかを決める必要があるのに
自分はその点に関しては、とりあえず描いていればうまくなるだろうと

思考停止状態になっていました。

絵を描く人にありがちな、変なプライドというやつです(笑

でもしばらく絵から離れてtodoリストを始めて
今、また戻ってきて感じるのは、やはり技術というものは追求する必要があるのではないかと
思うのです。

毎日でいいので決まった量のデッサンとパースの勉強をしながら
塗り方なども研究し、そうして自分の型にはまったやりかたでやりたいと思っています。

ここを抜け出さないと、商業的な絵って描けないと思うのですよね。

場当たり的な絵を描くだけでは、本当に自己満足で終わってしまいます。

肝に銘じようと思いました。


まとめ



なんだか最近毎日が楽しいのです。

今までtodoリストを始める前は
えもしぬ飢餓感を感じていました。

それは僕がこれから何をしていって何ができるかが明らかにされて
いなくて、何者でもない自分に腹が立っていたからです。

こんな状況では、どこで遊んでいようと、どんなにおいしいものを食べようと
楽しいはずがありません。

自分の気持ちに嘘ばかりつくはめになってしまうからです。

なので僕はこれからは自分の気持ちと
その対処方法についてしっかり吟味しながら生きようと思っています。

自分を縛り付けるものになってしまっても仕方ないので
できるだけ楽しくいきたいと思っています。事実楽しいです(笑


なんだか自分語りになってしまいましたが
みなさんの中にも、毎日の生活などから目標が見えなくなって
しまっているのならば、是非改めて「自分は何がしたいのか」

「どうやって生きていきたいのか」を考えてみてはいかがでしょうか?

そして大半の目標というものは手段はすでにでていますので
いかに環境を整えてモチベーションを維持し継続して計画を立てていくのかが
大事になっていますので、

まずは1つの目標から、始めてみてはいかがでしょうか?



・関連おすすめ記事「 やる気維持、計画作り、マインドアップに目標を挫折しないための「todoリスト」作成のススメ!  」





関連記事

0 Comments

Leave a comment