FC2ブログ
13
2016

次回製作の絵本は「死ぬことと生きること」がテーマです。

CATEGORYCG製作
20161113192128ce7.jpeg


前回「自費出版している人が絵本を売るためにはどうすればいいのか考えてみた   」を更新しました。

次回作の原稿を整えています。

画像は次回作の原稿で透明水彩で描いています。


これからの作業手順



なんか今回はあまり凝った感じではなくて、
原画そのままを絵本としてまとめたいと思っています。

前回は始めての絵本製作だったこともあって
レイアウトを懲りすぎて時間がかかってしまった感じがしますね。

現在、原稿で足りない部分は表紙絵と裏表紙絵、
各文章ページでの挿絵をどうするのかと、あと
惑星の絵を一枚追加したいと思っています。


今回の作品テーマ



今回は
主人公の少女が宇宙を探索して見つけた

生命でもない、そして物質でもない、

そんな「曖昧なもの」の話です。

これは死ぬことがなく、生きることもないそんなモノを
主人公の少女が目にして、

そのような光景を目にした時に人間はどのようなことを考えるだろうか?と、

「死ぬことと生きること」についてがテーマになっています。

現代環境とはかけ離れている世界でも生命の巡る流れの本質は変わりません。

それは、たとえ場所が違っても、普遍の出来事として共感され続けることかもしれないと思い

もしかしたら、この宇宙のどこかにいる人間に似た、別の知的生命も

同じ概念を持つかもしれない、とそんな淡い期待を込めて

このテーマにしました。

なんだか小難しい絵本だなと思った方、ご安心を(笑

あくまでテーマはテーマで内容は明るく、知的好奇心を満たせるような内容にしていきたいと思っています。



ブログ用の表紙

系外惑星探査がテーマの絵本を自費出版したので、よければ
「 絵本作品一覧 」をご覧ください^^
関連記事

0 Comments

Leave a comment