FC2ブログ
12
2016

11月12日の体重チェック「62キロ台突入だと!?ばっ…ばかなっ!?…ありえん!!」

20161112210924102.jpeg



前回は「11月11日の体重チェック「1、5キロ減。強硬手段にでました!!!」  」を更新しました。

「ば、ばかな…。」

「ありえん。ありえないのだ!こんなことっ!」

閑静な街のこれまた静かな一室。

全身素っ裸で、体重計に乗り、苦悶の表情で震えている
男は唇をかみ締めながら、両手を上げて一人叫んでいた。

「今まで65から64キロをいったりきたりしていたこの私が
いきなりの62キロ台に突入だと!?」

「ばかなっ!」
けたたましくなる破裂音、それは自らの叱咤から
男が自分の尻を叩いた音だと知るのは
同居するネコにしかわからなかった。

ー男はダイエットをしていたのだった。

「今までの私はっ!今までの私はっ!」

「ただ、だまって、見過ごしていたわけではないっ!」

男は思考する。脳の回路の出力を最大限にまで上げて
自らの行いを反芻する。

ーなぜいきなり体重が下がったのか、を。

「……」

断じてない

「断じてないのだ」

体重がなぜこのように下がっているのかの理由が見当たらない。

しかし、なんだこの結果は…!?

まさか!? 

私が火に油を注ぐように、
私の体に無尽蔵に酒と言う名のアルコール
を体に注いでいたのが原因だとでもいうのか!?

「私はのんべぇではないっ!断じてない」

男は傍にいたネコに言い聞かせた。
ネコは一度をあくびをすると眠たそうに自らの寝床に戻っていった。

男は思考する。

私の体は、本来の私に…


「戻りたがっている…?」

その時、一粒の涙が大地に伝わった。

まぎれもない、それは、思いの結晶。

結晶はやがて養分となり、そこに大樹を作るだろう。

まぎれもない、それは原因と結果によって起こった現象なのだから。


END




ダイエットつらいですが一緒にがんばりましょう^^


【スルスル茶】

関連記事

0 Comments

Leave a comment