11
2016

夢や目標を必ず叶えるための方法を5つに分けて考えてみた。

CATEGORY考えてみた
20160903073028d2d.jpeg


みなさんにはどんな目標や夢がありますか?

今日は私の経験を踏まえて目標や夢に向かってどのような
段階を踏まえなければいけないのかを書いていきます。

一見、夢や目標は、ただやれば良い、努力はするだけ良い
という人もなかにはいるのですが、正直にいって、
これは間違いだと思っています。

今日は夢や目標を達成するために必要な5個の重要な
要素について書いていきます


目的や夢を達成できるだけの環境




人は環境によって左右されがちな生き物です。

育った場所によって、育てられた両親によって、
家庭の経済状況によって、育まれた教育、食べ物など
数え上げたらきりがありません。

過去の体験や現在の環境によって今のあなたは存在し

それほどあなたは環境によって構成されているとも言います。

何か目的や夢があって、
それがとてもじゃないが叶えられそうにないと
今思うのならば、環境を変えてみるべきです。

何かしたいのに毎日ゲームをしてしまうのならばゲームに依存しない
生活にしたり、家族によって縛られているならば、一人暮らしをしたり、
友人に悩んでいるのならば、縁を切ったりと
今の環境を変える必要があります。

僕自身、昔はテレビも見ていましたし、ゲームかなりやっていました。

しかし今ではテレビも見ませんしゲームもやりません。
テレビで情報を仕入れるのは色んな情報を吸収しなければいけませんし
不効率だからです。自分で受け取り情報を選択できないのが最大のデメリットですし
何より長いです。

アプリのグノシーやツイッターでの有識者のツイート、
自分が得たいテーマに合った書籍等のほうが遥かに役立ちます。
しかも時間もかかりません。

よくアプリゲームなどを電車の中でやっている人をみかけますが
正直にいって、その時間自分の目標のために行動したほうがいいと僕は思います。

特に若者はいつまでも若者ではなくて今ある感性がずっと続くとは限りません。
今、あるあまる情熱が続くとは限らないのです。

目的があるのならば、そんな貴重な時間をゲームに費やすのはもったいないと思います。

少し話が逸れましたが、環境というものは時に人間を成長させますが、時に人間を縛るものでもあります。

これを自覚しないと「自分は本当はこういう人生を歩みたくはなかったんだけどな」

というようなことになってしまいかねません。


モチベーションの維持




何をするにもそうですが気持ちというものは、毎日の行動を大きく左右させます。

気持ちによって具合が悪くなってしまったり、以前、当たり前に
できていたものができなくなってしまったりと、人間は気持ちに依存しているともいえます。

今まで成し遂げたことがない目的や夢に向かっていくときには
それなりの気持ちが大切です。

「何キロ痩せたい」

「○○になりたい」

「○○ができるようになりたい」

など目的は様々だと思いますが
一度我に返って考えてみてください。

今の自分の気持ちはどうだろうか?と。

これは「自分には夢や目標がない」と思っている人も同じです。

自分の気持ちに正直でないと気持ちというものはどんどんと日々
を楽しくさせなくなってしまう要因となってしまいます。

気持ちは環境や様々なものと複合的に交じり合って変わってきますが
もし気持ちが落ち込んだりしたときは、

「なぜ今の自分は気持ちが落ちているのだろう?」

と考えてみてください。考えてみると簡単に結果が分かると思います。

・これからの人生に目標が持てないから

・友人関係で悩んでいるから

・自分の体にコンプレックスがあるから

・やりたいことができないから



などなど、本当に人によって答えは様々ですが
気持ちが落ちた原因をわかった上で対処したり
日々行動するのと、気持ちに嘘をついたまま、放置するのと
ではまるで心のありようが変わると、私自身感じたので

もし気持ちが落ち着かなかったり、モチベーションが保てない人が
いたならば、その原因を探り、対処方法を模索してみてください。


毎日の継続性




最近痛感していることの1つです。

これは「環境」と「気持ち」がうまくいっている人ができることで
継続性がないという人はまずは環境かモチベーションについて
考えてみてください。

何事も、すぐに結果というものはでません。

これはもちろん「瞬きする」とかいう目標ならば
すぐに叶いますが(笑)

大抵、人間の目標や夢というのはすぐには叶わないものです。

なぜならば人間には自我があって自己形成というものがあります。
これによって他の人と違う「私」というものを探しているからです。

これをアイデンティティーとも言いますが、人はそのような欲があるため
他の人より抜きん出ていることを目標としているので、夢などはすぐには叶いません。

ある程度続ける必要があります。

これはイチロー選手や羽生棋士もおっしゃっていることですが、
「継続性」というものを簡単に考えるものではありません。

逆に言えば毎日コツコツと積み重ねると1ヶ月、1年経つと
あっという間に物凄い距離を歩いていることになっていますので
逆にの毎日の継続を楽しんで目標に向かっていって欲しいと思います。


手段



環境、気持ち、そして継続性が整って
初めて手段までいく必要があります。

「 努力に意味があるのか?ー努力が報われる方法を考えてみた    」の記事でも書いていますが
まず最初に、努力は叶わないと言っている人や途中で挫折してしまった人は
「目的にあった正しい手段をしていないから」が大部分の原因だと思っています。

「車にのったこともないのにF1レースに出る」としたらどうでしょうか?

もちろんF1レースにでることはできません。

なぜならばその人は車にまず乗ることもできないからです。

目的や目標がある場合、そしてそれが達成できない原因として挙げられるのは
正しい手段を行っていないからだと言えます。

正しい手段ならば、今は本やインターネットでいくらでも情報収集することができます。

そしてそれを自分にあったものにアレンジしていくのです。

その際、遠回りや失敗することもあるでしょうが、それが人間であり
その失敗はあなたが学ぶための成功に必要だったものであり
気分を落とす必要はありません。


計画



環境とモチベーションが整い、正しい目的に対する手段がわかったら
次に行うべきは計画です。

よく長期的にすべて緻密に計画しろという人がいますが
僕はこれをおすすめしません。

なぜならば計画通りにいかないことってザラだと思うからです(笑

そんな緻密な計画を立てたって仕方ないと思うのです。

なのでとりあえずは毎日の計画から始めるのがベストだと思います。
そして毎日の計画のうちできたことと、できなかったことを分けて、

できなかったところはなぜできなかったのかを分析し

できたところは、もっと改善できなかったかを模索する作業
を一日の終わりにするべきだと思っています。

そうすれば目標には確実に向かっていけるはずです。


まとめ



焦らず、熱くなりすぎず。

その場でかまいません。一度目を閉じて深呼吸して
冷静に考えてみてください。

あなたには、あなたの目的を達成するための環境が
ちゃんとありますか?

そして環境がないのならば、あなたの目的を阻害している
環境の要因はなんですか?またその対処方法は浮かびますか?


目的が達成できずにモチベーションにいらいらしたことはありませんか?

その場合、モチベーションを維持できるだけの環境がありますか?

継続することが困難に感じたことはありませんか?
その場合、目的を達成できるだけの環境やモチベーションは整っていますか?


手段は明確ですか?目的や目標が曖昧だったり、
今の自分の能力からかけ離れすぎてはいませんか?


また、計画はちゃんとできていますか?
やみくもに毎日やってはいませんか?

これらを気をつけて目的に向かえば
必ず結果はついてきます。

僕にだってできたんだから、あなたにもできるはずです。


では^^

また会いましょう!


さようなら。




ブログ用の表紙

系外惑星探査がテーマの絵本を自費出版したので、よければ
「 絵本作品一覧 」をご覧ください^^
関連記事

5 Comments

ネコタ  

ダイエット頑張っているみたいですね。

もし、本気でダイエットをしたいと考えているのであれば、確実に成功する方法を1つアドバイスします。ただし、とても面倒くさいです。

毎日、摂取カロリーと消費カロリーをすべて記録してください。

摂取カロリーについては、食べ物を食べる際は必ず記録します。
どんな時も、できるだけ記録してください。

消費カロリーは、運動した時に必ず計測して、記録をとってください。
体重計は、基礎代謝を表示できるものを購入してください。
運動による消費カロリーと基礎代謝カロリーを合算したものが、消費カロリーです。


このようにして、摂取カロリーと消費カロリーをそれぞれで記録していき、1日の最後にそれらの数値を計算します。

計算は、摂取カロリーから、消費カロリーを引き算してください。
そして、この結果がマイナスになるように毎日気を付けて生活してみてください。


理屈上は、これを毎日続ければ確実に痩せます。
(記録をとるのが)非常に面倒くさいので、誰もやりたがりませんけどね。



やった運動と体重を毎日記録するだけは、実は、あまり意味がありません。

理由はちゃんとありますが、とりあえず、モチベーション維持にもならないし、結果も思うように出ないはずです。続けてみてどうでしょうか?


おっしゃる通り、ただ頑張っているだけでは結果がでません。
アプローチが間違っていれば、結果は出ないんです。


まずは、カロリー管理から始めてみましょう。

2016/11/11 (Fri) 20:36 | EDIT | REPLY |   

ゆうひのぼる  

コメントありがとうございます。

確かにその方法なら確実に体重が減りそうですね。^^
しかもおもしろそうなアイデアです。

体重計はちょっと今月買えるかわからないですけど検討してみたいと思います。

思い返してみると、炭酸ジュースや日々の何気ない間食によって、自分が意図してないうちに
カロリーを摂取しているというのは多々あると思っています。

それを明確に記録する方法は理に適っていると思います。

プラスで消費カロリーも把握し、差し引きして計算しながら生活するのは
ダイエットに一番近いと思います。その意見に対しては賛成ですし、
アドバイスしていただいて感謝です。心からお礼を言いたいです^^


> やった運動と体重を毎日記録するだけは、実は、あまり意味がありません。


一方、運動と体重を記録する点に置いては結構、意味があると思っています。

それは人によってかもしれませんが運動を記録することによって
自分はこれだけの運動をし、カロリーを消費したという
ある種の小さな成功体験の繰り返しがモチベーションの維持へと繋がります。

そして体重を毎日記録するという行為が減量を成功させやすいということは効果があると証明されていますし
http://tokuteikenshin-hokensidou.jp/news/2015/004364.php
にも書かれていますのでよければどうぞ)

体重を記録し増えたときの原因を考えたことには意味があったと思います。

なのでネコタさんがいうように、やった運動と体重を記録するとあまり効果がないと
いう意見は間違っていると思います。

そして私自身、毎日運動や体重を記録することによって確実に意識は変わっていると思っていて
目的達成のためのモチベーションや継続性を助長するという意味では役割があったと思っています。

カロリー管理に関しては全面的に賛成ですし
体重を減らす上では運動の前にやるべきことだとも思います。

しかし現時点で私の体重が65kgから64kgに1kgしか減ってないのは事実でもありますが
1kg減らすのに7000kcalの消費が必要なのである意味でダイエットは成功しているともいえます。

なので、結果が思うように出ないというのは間違いで、結果は出ていると考えます。

ただそれが目的に達成していないだけです。
ネコタさんが書いたのが目的達成に対しての「結果」ならば確かにでていませんね。(笑

ただダイエットに効果がないのが「思うように結果が出ない」のと目的達成に対して「
思うように結果が出ない」のとでは意味合いが大分違います。

このブログにも書いてある通り、確かに、ただ、がんばっているだけでは、結果はでません。

ただし、いきなりがんばりすぎても結果って出ないものだとも思うのです。
これはデータとかありませんし、個人の見解ですが。

ネコタさんも書いたとおり、目的達成は突き詰めると面倒なことにぶつかります。

それを乗り越えられる
がんばれる状態にするためにはまずは環境づくり、そしてモチベーションの維持、
継続性を経て目的に対する手段や計画を行うべきだと思います

ダイエットに関しては、今までの運動や体重チェックから
モチベーションの維持や継続性問題ないと思うので
手段や計画に移っていく段階に入っていると思います。

その上でネコタさんが書いた、カロリー管理の意見に関しては理に適っていると思いますし
一つの手段として是非参考にしたいと思っています。


ごめんなさい。

もしここまでで少しでも僕の文章で
不快になられたようでしたら本当に申し訳ないです。

ただネコタさんは誠意をもってちゃんとアドバイスをくれたので

その誠意に対してちゃんと向き合いたいと思って
僕も心にある本当の気持ちを書かせてもらいました。

未熟者ですが、今後ともよろしくお願いします^^

では、また会いましょうー!

2016/11/12 (Sat) 09:10 | EDIT | REPLY |   

ネコタ  

こんにちは。

ゆうひさんはマメな方なようなので、安心しました。
ご指摘があった箇所ですが「やった運動と体重を毎日記録する『だけ』は」です。

おっしゃる通り、体重を記録すること自体は有意義なことであり、毎日の変化を記録して視覚化することにより、成功を実感できるときはモチベーションUPに、逆に増えるときには原因を考えるきっかけになるというのは、その通りです。

では、これ『だけ』を行うことにどれほど意味があるかを考えてみてください。


ゆうひさんはダイエットを楽しみながら取り組んでらっしゃるようなので、体重が増えることで「何がいけなかったのか?」を考え、減量できた場合には「何によって減量が成功したのだろう?きっと、これを行ったからに違いない!じゃあ、これを毎日続けてみよう!」となるのだと思います。

私も、その方法はとてもいいことだと思いますし、ゆうひさんと同様に色々とチャレンジして模索することが好きなので、同様の方法で『楽しみながら』ダイエットできると思います。


ただし、それにより結果が出る(目標達成できる)かどうかは別問題になります。

もっとも、試行錯誤を繰り返して1万通りの方法も試せば、そのうち結果は出るでしょう。

私やゆうひさんのように、それを楽しめる方であれば、それも1つの方法としてアリだと思います(ただし、私は答えを自分で模索する方が好きなので、答えを教えてもらうと萎えるタイプだったりしますw)。



私が危惧しているのは、その方法『だけ』を行うことで「これだけやっているのに結果が出ない」と嘆き、結局は諦めてしまうことです。体重を毎日測定することによる弊害といってもいいかと思います。

毎日記録して視覚化されることで、うまくいかない現実をも目の当たりにしてします。記録をつけても代わり映えのしない日々。しまいには、たまに体重が増えてしまい、焦って他の事を試してみるも効果は微妙。そんな毎日に疲れてダイエットをあきらめる。そんな負の連鎖。


また、ゆうひさんも体験していることかと思いますが、方法と体重だけの記録では、結局のところ「何によって成功したのか?何によって失敗しているのか?」が明確にできないんです。

結果、「きっと、これだけやっているのだから、いずれ結果が出るだろう」という希望的観測で同じことを続けていきます。事実としてそれが当たりであれば、いずれ結果も出るでしょう。しかし、この行為が間違った行為であれば、これを続けていることで傷が広がっていき、最終的には致命傷に至ることもあります。

(たとえば、食事によるカロリー摂取が非常に多いにも関わらず、運動すれば痩せられると信じている場合です。毎日の運動を記録し体重を記録していても、これでは太るか現状維持になる可能性が高いです。マッチョになって基礎代謝がうんと上がるまでは、結果は出てこないでしょう。)


なので、必要なことは「その行為を評価できる客観的な手法」であり、それが「カロリー管理」となります。運動によるカロリー、食事によるカロリー(今は、飲み屋でもカロリーを表示しているところもあります)。こういった部分も『一緒に』記録することで、客観的な評価が可能となります。

ゆうひさんには、その点が欠けていたので、指摘させていただいた次第です。


では、引き続きダイエットをお楽しみください。

2016/11/13 (Sun) 11:17 | EDIT | REPLY |   

ネコタ  

ちなみに、お節介ついでに1点だけ、注意点をお話ししておきます。


人の体重には、水分量も大きくかかわってきます(人間の体の約6割は水分ともいわれています)。

なので、体重が急に1kgへった、すぐに戻ったという場合は、水分による増減の可能性が高いです。一時的な脱水や水分貯留によって、体重は5kgほど増減することがあるそうです。ここ最近の体重変動の謎が解けたでしょうか?(といっても、あくまで可能性です。)


このことから「体重が1kg減った!だから成功!」とは一概に言えません。これも、体重によってのみ成否を判断していることが原因の一端にあると言えます。



ダイエットの基本はカロリーバランスですので、これをきちんと理解せずにダイエットを行うと、脱水症状やリバウンドの危険があります。また、過度のランニングにより軽度の脱水状態が続き、痛風を引き起こすこともありますので、ランニングをする際には必ず水分接種を心がけてくださいね。

2016/11/13 (Sun) 11:36 | EDIT | REPLY |   

ゆうひのぼる  

コメントありがとうございます。

> ネコタさん。

本当に色々ありがとうございます。

この文章は何度も読み返して、
「あ、なるほど自分にはこれが欠けているんだな」
と明確にわかる内容でした。

記事にして上げたいぐらいです(笑

また、ダイエットに関して自分はまだまだ甘えていたんだなと痛感しました。

もしくはダイエットというものの本質を捉えてなくて、
遊びのような感じでやっていたのだと思います。

結果を追求する上で今回のコメントはダイエットに限らずに全てのことに
応用していこうと改めて勉強になったというか
再確認できました。

ありがとうございます!!!!!!!!!!

2016/11/15 (Tue) 23:04 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment