26
2016

作った絵本が届いたので現時点での感想を書きます。

CATEGORYCG製作
201610261639585b1.jpeg


さきほどポストを確認したら絵本が届いていました。

さっそくブログに上げるための写真をとりながら
開封していきました。



正直な感想をいいます。

「あー!もったいない!」です(笑)

内容的にも良い仕上がりになっていますし、
内容量的にも良いのではないかと思いますが

この本には1つだけ欠けている点があるのです。

それは、ずばり「表紙カバー」がないのです(笑

まぁだから1000円ちょっとで本が作れるのもあるので

実際にそれなりの絵本を作ろうと思って自費出版すると
販売するとき5000円とか高価で絵本を売らなければ
元がとれないので、僕は今回このやりかたで印刷してはみたのですが

同人の域をでないというか、カバーがないとこうまで
クオリティって下がるものなのかと思ってしまいました。

むしろ、いっそカバーを別に製作してしまって
こちらで合体させて運送という形にしようかと思ったほどです。

そうすれば幾分安上がりに済むだろうとは思います。

むしろ、「いや、内容だけ知れれば別に良いし」
というタイプの方もいると思うのでそのまま販売と言う形にしてしまうか。

ですがこれ以上色々やるとまじで高くなってしまって
到底普通に買える絵本じゃなくなってしまうのでどうしようかな、と。

この本だったら500円くらいなら出してくれる人もいるかもしれませんが

1000円超えるとなるとどうでしょうか。

ちょっと考えなきゃいけないですよね。

販売目的というか、手にとってもらえることも前提に作っている
つもりなのでなんとかおとしどころを模索している最中です。

むしろ価格でなくて系外惑星探査が好きな人なら
1000円ちょっとくらいなら出しますかね?

いやー見ず知らずの本に1000円払うのって躊躇しますよね。

確かに今回70ページの絵本で一応文章もありますが
フルカラーなので原価が1100円ほどかかってしまうのです。

これがページが半分だったのならば原価も半分になって
お求め安くなると思うのですが。

問題は外装でしたか。いやーもったいない。

とりあえず、この絵本自体は小さいミスなどや気になった箇所を
修正して原稿登録して、カバーは別に作りたいと思っています。

カバーが作れてある程度の原価に収まれば
それで販売という形になるとは思いますが。

ちょっと考えたいと思います。

何かアイデアがあれば教えてください(笑)
関連記事

0 Comments

Leave a comment