FC2ブログ
20
2016

ブラックホールや系外惑星探査などの宇宙の不思議をふんだんに注いだビジュアルノベルゲーム製作報告

CATEGORY製作報告

こんにちわ! ゆうひのぼるです。

ゲーム製作の近況について報告したいと思います。

どのようなゲームなのか?

テーマは「星間旅行」です。
つまるところ宇宙が舞台になります。
そしてこの物語では人類はすでにいません。
宇宙船にのって
他の生命体を探しに果ての無い宇宙を航行するのはアンドロイドの少女です。
そして相棒のロボットがいます。

シナリオは主人公の少女が何万年何十万年かけてたどりついた
他の生命可能領域の入っている惑星
を探索するお話です。

もちろんその惑星にいっても何もいないかもしれません。
そして何かがいるかもしれません。

生命がいるかどうかは大気によって判別可能ですがそれは実際にいってみないとわからないことが
多いのも事実です。

それをできるだけフォトリアルに描いていけたらなと思います。

お話は短編によって構成されています。
これは読みやすいことや、作品が更新しやすいようにすることや、
このゲームのシナリオに合っていると思ったのでそうしました。
丁度ライトノベルの「キノの旅」のような感じの短編構成をとりたいと思います。



製作過程

私はこのゲームでシナリオやグラフィックなど音楽以外の全てを担当しています。
作ってみるとわかるのですが一本のゲームを商品として作り上げる
のって凄い大変ですね(笑

グラフィックで言えばあらゆる細部を吟味して作り上げなければいけません。
例えば葉で言えば、葉は温かいところと寒いところでは形が違います。
そして地形によっても姿は変わりますし、太陽の光が今よりも暗ければ色も
全く違います。
そのようなことを当たり前に整合性無く作り上げなければいけません。
つまりはゲームのグラフィックを描くために想像よりまずは現実に存在するものに重点を
あてる必要があります。
でなければ説得力がなくなってしまいます。

キャラクターは自分の先入観をできるだけ廃して、今の時代に売れている絵柄を参考に
デザインしなければいけません。
その中でオリジナリティとクオリティを保たなければ「凄い!」と思われる絵ではなくなってしまいます。
特に絵の部分は最初に手にとってもらえる一番の判断材料になりがちなので特に気をつけて描いています。
もちろん技術的な部分で足りないところはアイデアと努力で乗り切らなければいけません。

まぁいつまでも時間ばかりかかってはいけないので見切りも大切です。
なのである程度の段階にきたら、私はゲーム製作仲間に絵を見せてOKなら次にいっています。
OKがでない。
もしくは、何か作画的なインパクトが足りないと感じたようならボツにするか何か改善点がないかを
考えます。

締め切りをつくることも大事です。

締め切りがなければ永遠作ることになると思います。
なぜならば、作品の品質向上って際限がないためだと思うのです。
なので自分で決めた期間の中で今の市場にあった最大限の質にたどりつかなければいけません。

そして見込みのお客さん、つまりはマーケティングをすることも大切です。

私は個人の事業主ということになるので、一般の企業と違い、見込みのお客さんがいません。
なので自分でどんどんとブログなどのソーシャルメディアを使って宣伝していかなければいけません。

具体的な内容として今重点を置いているのはブログとピクシブです。
無料でできることとホームページと違って更新がしやすいので毎日新規の見込み客を作れる可能性があります。
そのために今は25記事ほど毎日更新していますが、50くらい記事がたまったら、本格的にSEO対策を
していきたいと思っています。(SEO対策とは検索エンジンの上位にサイトを載せるためのテクニックのこと)

甘くみていましたがブログを毎日かならず更新するのって大変なんですね(笑
ブログでお金を稼いでいるひとは凄いと思いました。

それとこれは完全に遊び心ですが
Tシャツを作ってyoutubeでPRしたいとも思っています。
まぁちょっと顔出しが怖いですけどね(笑

私は大学生で金銭的には多くをかけることはできませんが与えられたできる範囲の中であらゆるものを
使いたいと思っています。

なので是非、宇宙が好きな方、太陽系外の他の惑星に興味がある方、
系外惑星探査に興味がある方などは期待していただければと思います。

もちろんアンドロイドの女の子に興味がある方も
よろしくお願いします^^
関連記事

0 Comments

Leave a comment