FC2ブログ
19
2016

2年以内に収益システムを構築して世界を旅しようと思う

CATEGORY考えてみた
201610192137460e8.jpeg


今日は凄くぶっちゃけた話をしたいと思います。

もう世間体とか関係なしに周りの目なども関係なしに
今の思っていることを吐露します。

この話においてはおそらく僕はかなりの少数派意見なので
共感を得られないと思いますが関係なしに話ていこうと思います。

今僕が行っている全ての事業の種に共通することなんですが
それは「場所に拘束されない」という点です。

僕自身、現時点では大学生ですが、会社に入りたいとかは正直思ってないです(笑

親が聞いたらお前の教育を間違えたと言われそうですが
正直に言って、会社に入って働きたいと思いません(笑

それって僕だけでしょうか?(笑

というか働きたいとは思うのですが、場所に拘束されたくないんです。


おそらく会社に入って働く以外で他の選択肢があるのならば
選んでいる人も多いのではないでしょうか?

僕としては会社から与えられた仕事を全うするよりも
自分で新しい仕事を作りたいと思っています。

新しい仕事って今ある仕事と何が違うの?と思う方もいるかもしれませんが
それが「場所を選ばずにできる仕事」です。

というか今の時代、この場所を選ばない収益の構築にこそ全力を上げるべきだと思っています。


資格の勉強とか、その他もろもろの会社に入るための
努力ってあまりする必要がないとすら思っています。

なぜならば会社に入らなくても、
今は努力次第で社員以上に稼げるシステムを構築できる
時代になっているからです。

これからの時代、おそらく技術によって今の社会にある
仕事のほとんどが自動化されていき、人がやっていた仕事が淘汰されていくと思います。

TUTAYAのレジ自動化なんてまさにその例で、スーパーやコンビ二などの
レジも自動化すればいいし、ぶっちゃけ今の時代やろうと思えば仕事のほとんどはなくなりますが
自動化するよりも人件費の方が安いので使われているのが現状です。

フランスのスーパーに行ったことがありますが、フランスでは
全てではありませんが、レジは自動化されています。

今の若い人々には是非とも今までの社会の枠組みから飛び越えて
自分で仕事を作っていってほしいと思っています。

会社に入るのが当たり前だと思っている人たちには理解できないことかもしれませんが
これからは遊ぶことや、娯楽がどんどんと仕事になっていく時代に入っていくと思います。

youtuberなどが出てきたのはまさにそのような時代の先駆けだと思っています。

特に日本では多数派の意見が持つ力というのは計り知れないので
日本中でそのような風潮ができれば、今までやりたいことがあったけれど我慢していた
人たちも追随できるのではないかと思います。


場所に拘束されないってどういうことか?




それは世界中どこにいてもできる仕事という意味です。
これが構築できるのならば、本当の意味で「自由」です。

残業に追われることもないわけだし、人間関係で落ち込む必要も
ありません。

僕はできるだけ早くにこのシステムを構築して
場所に束縛されずに生きていきたいと思っています。

もちろんそれなりの代償はあります。

場所を選ばずにできる仕事と言えば勘の良い人ならわかると
思いますがほとんどがネットを介して行うものなのでトライ&エラーを繰り返しながら
行う必要があります。

現にこのブログも「場所を選ばない仕事」の種です。

色んなジャンルの記事を書いてみてネットでの反応を観察しています。

もしこのブログを読んでいて、場所に束縛されない仕事に興味がある方は
是非当ブログを追って参考にしていただければと思います。


僕が思うに、世の中色んな情報が溢れているけれど「真」に触れている
情報は少ないと思います。

「真」とは世の中の本質的な部分だったり、人生の本質的な部分の情報ですが
仕事などで例を上げれば、
つらいのに「みんながやっているから」と働くのっておかしくないですか?

周りがそれが当たり前なんだよって言うけれど、その当たり前だという人も
本当のことは何もわかっていなかったりします。

それは時代によって変わる社会の規範に自分を当てはめているだけで
自分の人生の本質については全く考えていないからです。

というか、触れられなさ過ぎて、逆に搾取している層が情報を操作しているのでは?
とすら思っています。

今まで皆が皆すべての情報が共有されていなくて
搾取している層にのみ「真」の情報が共有されていること
について疑問に思わないことが疑問でした。(笑

この話は陰謀論のようですし、統計やデータもないので冗談として置いておきますが

今は自分のやりたいことがあってそれを実行しても良いというだけの
社会になっていると思います。

ただ、やりたいことをやっていても、
お金によって四苦八苦してしまう人もいるので、まずはお金に関する問題
を解決する方向で全力を尽くすべきだと思います。

それは人それぞれ身の丈にあったことから始めるのが得策です。

本当は爆発的に、それこそ死に物狂いで行わなければと僕自身は考えていますが
あまりに切羽つまると逆に自分を追い込んでしまうので楽しみながらやるのが良いと思います。

この記事で「場所を選ばずにできる仕事」について具体的に書かなかったのは
読んでいる方が自分の人生に照らし合わせて、

「場所を選ばずに仕事をするには私には何ができるだろうか?」

「というか場所を選ばずにできる仕事ってどんなものがあるのだろう」と

能動的に考えて欲しいと思ったからです。
関連記事

2 Comments

ネコタ  

その作戦が功を奏することを期待します。
2年後が楽しみですね。

2016/10/20 (Thu) 22:29 | EDIT | REPLY |   

ゆうひのぼる  

コメントありがとうございます

>ネコタさん

2年後というのは、それが正しい数字なのか
ぶっちゃけわかりません。

というか、自分のこともそうですが社会のことですら
今は移り変わりが速いので2年後社会がこんな風になって
いるとかも正直なところわかりません(笑

なので僕がやるべきことは自分が設定した目標を
毎日コツコツとこなすことだと思っています。

そうしていくことで、ふとした瞬間に大局的な部分も見えてくると
思っています。

というか、こんな自分でも非常識だなと思う記事にコメントをくださって
ありがとうございます^^

励みになると共に頑張っていこうと思いました。

僕自身にできることは限られているので、

差し出がましいですが、自分なりにできること、
できる時間を増やしていって、それを何かの形でこのブログを観ている方や
僕に近しい環境や考え方を持っている人にリターンできればなと考えています。

2016/10/21 (Fri) 12:42 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment