FC2ブログ
18
2016

現代アートとは何か?-種類と特徴、有名な作家をまとめてみた。

現代アートって知っていますか?
一見素人でも描けそうな絵が何億もの価格で取引されていたりします。
今日は現代アートにはどのような種類があるのか。

またその特徴についてまとめていきたいと思います。

抽象表現主義



キャンバスに絵の具を垂らしたり染み込ませたりする、
画家の画家の身体の動きや心情を反映させたもの。

主にピカソで有名なキュビズムやダダイズム、
シュルレアリスムの影響を受けて生まれた。

代表的な画家には絵の具を垂らす事で表現する
ジャクソン・ポロックや大画面を単色で覆う
バーネット・ニューマンなどが有名。


ポップアート




商品広告や看板、漫画など、社会が生んだ身近なイメージを
モチーフにした技法。

ポップアートは抽象表現主義への抵抗から生まれた。

漫画の一コマを引き伸ばして絵画化したロイ・リキテンシュタイン
、シルクスクリーンでキャンベルスープ缶やマリリン・モンローを
作品化したアンディ・ウォーホルなどが有名。


コンセプチュアルアート



辞書のイスを定義するテキスト、実物のイス、イスの写真を
対比させたジョセフ・コユースの作品が有名。

コンセプチュアルアートには芸術の本質は芸術家の思考と
言語、現実認識の関係にあるという思想がある。

これは社会を無批判にクローズアップする
ポップアートの思想に反発していることでもある。


ミニマルアート



絵画の線や色彩などの構成要素をさらに禁欲的に
削ぎ落とした手法。

フランク・ステラの黒い絵の具と塗り残したキャンバス
地の白い線による「ブラックペインティング」が有名。

ミニマルアートは「最小限の芸術」とも呼ばれている。


ハプニング/パフォーマンス



絵画や彫刻という既存の表現形式を捨てて
自分自身の体を用いたり、観客に参加してもらう表現法。

社会と女性の体、性との関係を問うオノ・ヨーコや
芸術による意識改革を実現しようとするヨーゼフ・ボイスらがいる。

ハイパーリアリズム



写真を拡大転写して、エアブラシなどでなぞり
、筆触を残さずに写実的に描く表現技法。

絵画ではリチャード・エステス、彫刻では人体をモチーフに
するドゥエイン・ハンソンなどがいる。

具体



「精神が自由であること具体的に示す」
をコンセプトにした手法。

足で描く、白髪一雄や電球でできた服をまとう田中敦子らが
有名。


もの派



土や石、木、セメント、鉄、工業製品などをほぼ
無加工の状態で展示する手法。

物質と空間、そこに介在する芸術家と鑑賞者との関係性を
問いかけている。

プラスチック版の上に石を並べ池に浮かべた管木志雄(すがきしおや
地面に掘った穴と同寸の土の円柱を並べた関根伸夫が有名。


インスタレーション





一時的に設置され、展示後は解体される作品形式を指す。

作品の記録は残るが作品そのものは存在しない。

「芸術の永遠性」を作品に託す考え方の疑念から生まれた。

自然の一部や建物を布で覆うクリスト&ジャンヌ・クロードが有名。


新表現主義

主観的感情を表出するような大画面の具象絵画手法。

キャンバスに皿を貼り付けたジュリアン・シュナーベルや
繊細な描画のフランチェスコ・クレメンテが有名。

シュミレーショニズム



「盗用」と呼ばれる手法で写真や映像、過去の作品のイメージ
をそのまま転化して作品化する手法。

B級映画の登場人物になりきったシンディ・シャーマンや
たばこのマールボロの広告写真を複写したリチャード・プリンスらが有名。

ネオ・ポップ



シュミレーショニズムとほぼ重なる技法だが
その中でもおもにポップアートに影響を受けているアーティストを
総称して呼ぶ。

マイケルジャクソンと彼のペットのバブルスを立体化したジェフ・クーンズ
などが有名。

アール・ブリュット



既成概念にとらわれない「正の芸術」として独学で造形表現を
行う人々をさす。

厚塗りの絵の具に土を混ぜたデュビュッフェの作品が有名。

また、正規の美術教育を受けてない人々の作品を
「アウトサイダーアート」と呼ぶ


メディアアート



ビデオ技術を駆使して行う手法。

映画とは異なる実験的な映像作品やモニターを組み合わせた
立体物やインスタレーションなどを指す。

モニターを組み合わせてロボットとして造形した
ナムジュン・パイクが有名。
関連記事

0 Comments

Leave a comment