06
2016

todoリストを2ヶ月毎日作ってみて感じたこと。

こんにちは。みなさんいかがおすごしでしょうか。

8月に入ってから2ヶ月間毎日todoリストという
一日にやるべきことをリストアップしてきました。

今日はこの2ヶ月間で感じたことなどをまとめていきたいと思います。




todoリストのメリット





・一日にやるべきことを明確にできる。


todoリストの最大のメリットといえば一日に自分がやりたいこと、
やるべきことを明確にリストアップできます。
学校で言えば時間割のような役目がtodoリストに
あります。


・やるべきこと、やりたいことを効率化できる


todoリストを作ることによって一日にやるべきことを
効率化できます。
私自身、現時点で大学、週四日の夜勤バイト、小説製作、絵本製作、
todoリスト、ブログ、SEOコンテンツなどを同時に平行してやっていますが
日々これらをやっていくと、自分がやらなくてもいいことも見えてきたり
やるべきことがわかっているので何をどうすればいいのか
時間をとても効率良くつかうことができます。



・リストアップすることで強制力が生まれる


todoリストとしてリストアップすることで自分の意識は
確実に変わります。
今日はめんどくさくてやりたくないな。と思っていても
todoリストを作ることによってある程度強制的にやらなければ
という意識が発生するので事業やダイエットなど始めのうちは効果が実感しにくい
ものに効果的と言えるでしょう。

・自分との約束を守ることで自信に変わる

todoリストを作ってそれを毎日こなしていくことで
それは確実に自信になります。
自分は着々と進んでいるという事実を表せます。

ただ、これはデメリットにもなりえるものでtodoリスト
を守らないと自身喪失につながるリスクもあります。




todoリストのデメリット




・一日でそれが必ずしも終わるとは限らない

todoリストを作ってそれを毎日こなしたいと思っていても
こなせない日はかならずでてきます。

今までリストを作っていない人ならなおさらで
普段の自分の何倍もがんばらなければいけないわけですから
なれるまで、精神的にも負荷がかかります。


・リストを作るにもそれなりの時間がかかる


私自身、todoリストを作るだけで30分ほどかかったことがありました。
これは確かに自分がやりたいことにすぐに取り組めるメリットでも
あるのですが一日が24時間でそのうちの30分を毎日使うことを
考えるとこれはデメリットでもあると思います。

なのでtodoリストはざっくり5分くらいで作ることをおすすめします。


・todoリストを毎日作らなければいけない。


todoリストを作ること自体、日々やらなければいけないことになるので
習慣になるまでは疲れると思います。

todoリストを作るという努力を無駄にしないためにも
todoリストに書いたやるべきことを毎日こなすようにしてください。

逆に気が向いたときにだけtodoリストを作るというのもおすすめしません。
それは自分の気持ちが入るので結局は作らなくなってしまいます。




まとめ




todoリストはあくまでもあなたが日々達成したいと思っている目標に向かうための
ツールです。

todoリストを作るだけで満足しないようにしましょう。




関連記事

0 Comments

Leave a comment