15
2016

これから事業をやりたいと思っている人が大学に行く必要はあるのか?

CATEGORY大学論
おはようございます。ゆうひのぼるです。

今日は前回の「すでに収益を上げている個人事業主や起業家が大学に行く意味があるのか?」に続き

「これから何かプロジェクトをやりたいと思っている人」が大学に入る意味はあるのか?
というテーマに絞って書いていきたいと思います。

まず第一にこれから何かやりたいと思っている人の中であまりにも強い情熱に
よって大学は必要がないと思っている人は少し注意が必要です。

なぜならば、これから何かやりたいと思っている人はどのような事業であれ、
収益が発生してないためにバイトなどと掛け持ちになると思うのですが(実家住みの方は別)
現状利益が発生していないのなら大学、特に有名私大以上にはできるだけ行ったほうが良いと思います。
(もちろん行かない場合も他の選択肢はあります)

それは事業というのは不確実性がとても高いためです。

どんな天才であれ自分の事業を成功に導くのは20分の1といわれています。

それほど一個人や起業家がゼロからブランディング(自らの商品に価値をつける)
するのは難しいと言われています。

例えば机の上に10枚のカードが置いてあるとします。
この中の一枚だけ裏面に「成功」という文字が書いてあるとして
あなたはこの「成功」カードを裏面を見ずに確実に引くことができますか?

いいえ。それはほとんどの方は引くことができません。

もちろんこれはただの確立なのであてにはなりませんが、
私が言いたいのは自分に起こりうる不確実性があるとして
それにどう対処するかです。

つまりリスクを分散する必要があります。

私が知る世の中の成功者の中には「大学などは必要ない」
と切り捨てる人がいます。しかしそういう方に限って東大を中退していたり
普通に有名私大に出ていたりします。

そのような人は大学というものが「何か」を知っているのですね。
そうした上で大学は必要なかったものとして経験しているわけです。

しかし「これから何かやろうとしている人」は大学が何かを知る前に
必要がないと自らの経験の前で断定してしまっているのです。

私もこの気持ちはわかります。

そもそも一個人で他の人と同じ「就職」という道を
選ばずに事業によって成功を考えている人はまず普通の人とは違います。
このマインドだけで私は凄いと思います。そういう人の情熱を削ぐようなことは
したくありません。

しかし世の中というのは残酷で一般とされている常識で人を判断しがちで
自分の行動が簡単に制限されてしまいます。大学に限って言えば、それは「学歴」です。

もちろんイチロー選手だって高卒だし羽生棋士だって高卒です。
ただ、イチロー選手だって羽生棋士だって高校卒業まで何もしてなかったわけではなくて
羽生棋士で言えば中学校ですでにプロ棋士になっています。

今既に事業で収益を上げている方でしたら大学に行かずにその道に進んでも
私はむしろそのほうが良いとも思っているのですが
これから何か始めたいと思っている人は大学に行くことを検討されたほうが良いと思います。

「お前の話はわかった。だけどな、ゆうひ。そもそも大学に行けるほどの
金がねーんだよ」
と言う方。

奨学金を借りようにもそもそも入学金の数十万を払えない方。

そもそも両親がブラック(他の借り入れの返済等が滞っている)のために大学のための
奨学金の保証人が書けずに詰んでしまう方。

家庭環境に問題があり(生活保護や家族の中に病気の方がいる)ために
大学受験のために勉強時間を割り当てられない方。
または稼いだバイト代のほとんどを家に入れなくては
ならず精神的にも大学を受けられる状態ではない。ましてや有名私大以上なんてもってのほか。

という方々。

諦めないで下さい。

なぜなら私が上記に書いた項目をすべて満たしていた人間の一人だからです(笑
しかし現時点で私は大学に入っていますし、学生証を持っています。

そして上記のような普通ならば大学に入るのが難しい方々にも方法論があります。


それはケース3「そもそもお金がなく大学に入ることができないと思っている方」で紹介したいと思います。

すみません。長いので少しわけます。
私も大学受験には家庭環境のために随分と苦労をしました。
しかし方法論はあるのです。

そして大学に在学しながらバイトをして自分の事業をやるということは可能だということです。
大学に行きたいけど諦めている方は是非参考にして欲しいと思います。

結論としては

今、自分がぎりぎり生活できるくらいの収益が発生してない人は大学に行くべき。

そして大学に行きたくてもお金等の問題によってそもそも行けないという方
でも行ける方法があるということ。

大学は人生を送っていく上でなかなかに面白い場所です。

というか人生長いです。色んな経験をして色んな考えに浸って欲しいと思います。
経験をする前からこうだと決め付けるのは、事業家として損だとも思うからです。


ここまで読んでいただきありがとうございました。また会いましょう^^さよーならー!




関連記事

0 Comments

Leave a comment