14
2016

海王星の青い海で泳ぐことはできるのか?

海王星


海王星で泳ぐことはできるのか?

はい。すみません。今回はあえてこのような題名を付けました。

それほどに海王星は宇宙で美しく蒼く輝いているので。

一見、内部に水があって地球のように大きな海が広がっているように見える海王星。
その海でのんびりぷかぷかと泳いでみたいものです。

しかし、私の願望とは裏腹、海王星という星は思っている以上に
過酷な環境のようです。

海王星の特徴



海王星は木星同様のガス惑星で太陽を7番目の距離で公転しています。
海王星は主にメタンを主成分としてしている氷惑星です。

大きさは地球の4倍ほどあります。
太陽から43億キロも離れていて仮に地球からそのまま歩いていけるとしたら4万年くらいかかります(笑

そのくらい遠い距離にある海王星には太陽から受けるエネルギーも小さくて
海王星の気温は-220度ととても寒い星になっているのですね。

そして海王星がなぜこのように青く見えているのかというと
それは海王星の大気の成分に秘密があります。

海王星の主成分である「メタン」は赤い光を吸収して青い光を反射します。

だから太陽の光があたると青く反射するのです。


海王星で泳ぐことはできる?




泳ぐとしたらまず海王星には酸素がないために酸素供給機は必須です。
でなければ息ができずに死んでしまいます。

あとは毎秒2000kmという風と圧力にもたえなければいけません。
地球での風速は毎秒142キロというのは最大でしたがその20倍近くの風に耐え続けなければいけません。


「海」の液体とは、海王星内部で循環している液体は
滅茶苦茶高温なので耐圧耐温の頑丈なスーツの装着は必須です。

海王星の中はダイヤモンドの雨が降っているので、それを防ぐパラソルも必要ですね。 


まとめ



予想は色々とありますが、実はなぜこんなにも綺麗な青色をしているのか
わかってないなど、海王星にはまだまだ隠された秘密がありそうです。

いつか海王星に降り立つことができたのなら中をくまなく探索して
海があったら泳ぎたいですね。



・おすすめ関連記事

海王星を逆行している奇妙な衛星「トリトン」の4つの不思議  」

関連記事

0 Comments

Leave a comment