19
2017

「自由になりたい!」と思うけれど、なかなか難しい3つの問題とその対処法

CATEGORY仕事術
ziyuu.jpg



みなさんは自由になりたい!と思ったことはありませんか?

誰にも指図されることなく自由に旅行してみたり、
趣味に時間を当てたいですよね。

しかしそれは夢物語……。

毎日の仕事や生活に追われて、生きるだけで精一杯です。

今日は自由を阻害している問題とその対処法について書いていきたいと思います。

目次



・「本当は自由になりたい!?」みんなの声!

・リアルな声!「みんなはどう対処した!?」

・自由になるための対処法①「家族、結婚、育児について」
・自由になるための対処法②「嫌なことにははっきりとNOと言う」           
・自由になるための対処法③「場所に束縛されない仕事をする」



「本当は自由になりたい!?」みんなの声!



(調査方法/全国の20~55歳の男女
を対象にインターネット調査)
実施期間/2017年9月17日~9月18日


ziyuu2.jpg


<自由になりたい女性の嘆き>

・自由になりたくて離婚を考えている(主婦 結婚4年目/女性)

・出産した時から、子供が大学へ入学し自由になることを夢みている(自営業/女性)

・なくして初めて気づく独身時代の自由(主婦/女性)

・旦那は飲み会に行ったりするのに私は家事と仕事で疲れる(会社員/女性)

・たまに自由が欲しい、パーっと遊びたいと思う(主婦/女性)

・心身共に疲れていて気づいたら涙が溢れている(共働き 41歳/女性)

・子育てが大変で自由になりたいと思う(主婦/女性)

・認知症の父がいるので毎日が慌ただしい(主婦/女性)


女性は子育てや結婚生活に疲れてしまって
自由になりたいと思う人が多いという印象でした。

しかしながら子育ての場合、仕事と違い「辞める」ということができないので
大変ですよね。

特に育児に悩む女性は多く、一日中気を張っていなければならない
という意見も多かったです。


<自由になりたい男性の嘆き>

・社会人になっても親の干渉がひどい(会社員 28歳/男性)

・月3万しか小遣いがない (会社員/男性)

・子供がいて自由な時間がない(会社員/男性)

・仕事をやめて自由になりたい(会社員/男性)

・本当にやりたい仕事をしたい(会社員/男性)

・お金が欲しい(会社員/男性)

・会社をやめて世界を旅行したい(会社員/男性)


男性の場合はどちらかというと仕事について改善したい
という方が多いようでした。

男女共に育児に対しては問題を抱えている方が多いようですね。

経済的な豊かさを持って自由になりたいという人もいました。


リアルな声!「みんなはどう対処した!?」



自由になるためにどうしたのかネットでの
リアルな声を参考にしてみてください

・子供が小さいうちは時間を限定する
・一週間のうち3日は何もやらないと決める
・離婚する
・旦那に子供を預けて、気晴らしをする
・家事も育児も半分ずつする

・転職する
・自己啓発書を読む
・やりたいことをやる
・会社をやめる
・一日に何も考えない時間を作る
・瞑想をする

自由になりたい対処法として育児では
やめられない責任があるので今は我慢するしかないという意見
がありました。

また、経済的な余裕を得るために転職したりスキルアップのために
学習する人もいるようです。

自分の時間を大切に考えて、思い切って離婚をする
という方法をとっている方もいました。


自由になるための対処法①「家族、結婚、育児について」



<育児について>

意見を調べる中で
「自由になりたい」という意見の中で圧倒的に多かったのが
家族の問題でした。

特に育児の問題、パートナーとの問題が原因で自由になりたいと望む
方が多かったです。

育児に関しては、子供が小学生ぐらいになるまで
なんとか頑張るしかないと思います。

それまではつらいですが、パートナーと協力して乗り切って欲しい
と思います。

<注意点>

しかしながら時には手を抜くということも大事に思います。

子供が3歳くらいからはある程度雑でも少し手伝ってもらうなどや

自分の気持ちを少しだけ伝えて、子供のわがままをそのまま許容しない
方法をとることも大切に思います。



<結婚について>

中には離婚を選択している方もいましたが、
これも一つの判断としては一考に価すると思います。

つらさは当人しか感じれないことですし、何よりも
その人が自分の決断で決定したことなので誰かが判断することではないはずです。

結婚や家庭を持つというのは、いざ持ってみないと
その大変さが認識できないものだと思います。

パートナーとは死ぬまで一緒にいます。

当たり前ですが、その間、パートナーのみを愛し続け
生活と運命を共にしなければいけません。



<注意点>

確かにパートナーを愛するのは大事ですが

自分を男性として、
または女性として全く意識しなくなってしまいたくはないものです。

それぞれの輝きを失わない程度には異性を意識することも
時には大切に思います。




自由になるための対処法②「嫌なこと、したくないことは、はっきりとNOと言う」




ついつい、相手を気遣って安請け合いをしてしまったり、


本当はやりたくないけれど「仕方ないから」と自分を束縛してしまうと
自分の人生の方向性を狭めてしまう要因になりかねません。

できないこと、したくないことにははっきりとNOといいましょう。

逆にしたいこと、やりたいことは積極的にやっていくことが大事です。




自由になるための対処法③「国や会社に依存するのはやめよう」



仕事の問題として、
場所に束縛されない仕事を目指すことをおすすめします。

現代社会では生まれたときから誰もが国や社会に隷属し
大人になるころには国や社会のために働くのが当たり前になっています。

そして身を粉にして働いて、
毎日残業でくたくたになって、いつしか気づくのです。

「自由になれるのならば、自分だって自由になりたい…」と。


・「休みの日には好きなだけ趣味に当てたい」

・「ひたすらにごろごろしていたい」

・「何の束縛もなく自由に旅行やおいしいものを食べたい」


などなど、誰しもが思ったことがあると思います。

しかしちょっと待ってください。
これらの自由って本来「当たり前のもの」のはずです。

自分の時間を自分の好きなように使うことって
誰にも強制されない私達の本来あるべき権利です。

そのはずなのに現代社会では、技術が高度に発達しているにもかかわらず
労働時間は昭和とさして変わらず、

精神をすり減らして働かなければいけない現状があります。


実際問題「仕事をやめたい人の6つの悩みと6つの対処方法(完全版)」の記事で明らかにしていますが
会社をやめたいと思っている人は多いのです。

つまり現状の働く環境に満足できていない人が多いのにもかかわらず
チキンレースのように皆が走り続けなければならないと思い込んでしまっているのです。

そしてその先にあるのは平均年収400万円と失われた時間です。

私達はもっと前向きに自分達の自由について考えるべき時がきているのではないでしょうか?


しかしながら国や会社に属さずに収入を得る方法は現在2種類しかありません。

それは「インターネットを使った仕事」と「投資」です。

インターネットを使った仕事では習得するのに時間がかかる上
なにより時間を多く確保しなければいけません。

それに比べて投資ならばお金に働かせることができるので
時間は必要ありません。

しかし投資を学ぶのにも時間やお金を多く使ってしまう現状があります。

そこで管理人は誰もが国や会社に依存せずに自由な生活を
入手することができるように、投資について研究し、
プログラミングを一から学び一日17時間の猛勉強の末、サイトを立ち上げました。

サイトはFXのサイトです。

なぜFXかというと株や不動産投資は最低資金でも50万円ほどからと
資金が多く必要だからです。

それと比べてFXならば数万円から小資金で始めることができて
初心者でも敷居が低いこと、さらには為替のプロと戦わずに
資金運用ができる
スワップ運用があるので兼業トレーダーにはメリットが大きいからです。

投資を学ぶお金の問題を可決するために、
管理人のサイトでは誰でも全て無料で、なおかつ時間をあまり使わないように
10万円分以上の書籍から大事なことだけを詳しくまとめています。

ぜひサイトを覗いてみて、投資とはなんなのかを体感してみてください。

そして自分にもできそうだなと感じたならば
場所に束縛されない自由のための投資を始めてみてください。

オススメサイトはコチラ
FXで負けない手法のまとめ 


まとめ



私達の身の回りには多くの自由への障害があります。

それは育児だったり労働だったり、価値観だったり様々です。

しかし私達一人ひとりが自由を望んで、
本来なりたい自分、思い描いている生活や人生を渇望すれば
解決できない問題はないと思っています。

まずはひとつひとつの物事を単純にしていって、
何が問題になっているのか明らかにしてみてください。

時には落ち込んだりするかもしれませんが、そういう時は
信頼できる人に気軽に相談してみましょう。

必ず答えはあるはずです。

関連記事

0 Comments

Leave a comment