08
2016

水彩イラストを描いてみた「エルの銀河旅行記」-薄暗い惑星で読書する少女

CATEGORY作品集
17.png



このイラストは今製作しているゲームのイメージボードです。

最初はこれ自体をゲーム内画像として使おうと思っていたのですが
よりフォトリアルにして没入感を出すためにCGに変更しました。

今のノベルゲーム市場を見ても水彩画って売れる見込みが低いと
思ったんですよね。

よほど世界観が確立していて、水彩画がお話のテーマにあるようなゲームでないと
厳しいと思いました。

このイラスト自体は冥王星のような惑星を想像して描きました。
冥王星は恒星との距離が離れているために地球と比べても
太陽光の明度がかなり低いです。

しかし実際かなりぼんやりとした薄明かりで本くらいは読めます。

このイラストは少女がそのような惑星に降り立ち、
読書をしている様子を描いたものです。

しかし大気組成も地球とは全く違うし重力や気温だって違うので
このように読書するためにはあらゆるテクノロジーによって
少女自体を保護する必要があります。

そのようなテクノロジーを説得力のあるものとして描けたらなと考えています。

このイラスト個人的に結構気に入っているので
これを元にしたCGをつくっていけたらなと思います。
関連記事

0 Comments

Leave a comment