22
2017

3月22日のデモトレードの取引と解説「今日は下降的な相場でした。新しいテクニカルツールも使ってみました!」

こんばんは!ゆうひです

今日は下がり気味の相場でしたね。
しかしながらまだちゃんと下降と予想できたわけではないので注意が必要ですね。

今までレンジ的な相場が続いていたので
売り買いどちらとも慎重にならないといけません。

私は良い機会なのでレンジ相場にも対応するべき新しい
テクニカルツールを勉強しています

MACDとボリンジャーバンドです。

ボリンジャーバンドはレンジ相場に対応できるもので
MACDは直近のトレンドを強く表示するものです。


チャート図(ドル円)



201703222025105a5.png


日足は下降的ですが過去の流れから
トレンドを断定することができなかったので
ボリンジャーバンドを使いました。

赤い線以内に収まる確立が68.3%

緑の枠内に収まる確立が95。4%です。

なので緑に価格が到達したら逆に戻る可能性が高いので
逆張りするというものです。


日足



20170322204842a15.png


日足は今日は下降的ですね。
このままわかりやすく下降に転じてくれればいいですね。


4時間足



20170322202552c2b.png


4時間足は下降的ですね。
これは4時間足は下降的なトレンドと判断してもよさそうですね。

ボリンジャーバンドを使うときは
線の幅が大きいときは突き抜けて推移することが多いらしいので
注意が必要ですね。


1時間足



2017032220254005b.png


1時間足は下降的と判断しても良いとおもいます
MACDを見ると3月22日前にクロスして下降しているのがわかりますね
これが下降のサインです。

約定



20170322202604e47.png


+50


まとめ



ボリンジャーバンドはレンジ相場時に特化させるとして
MACDは今後移動平均線と一緒に使えるようになりたいです。

メインは今まで取引した移動平均線として
サブとしてこれらを合わせていきたいです。

もう一つのタブレットやパソコンのデモトレードを駆使して
取引条件を決めて移動平均線のみと
移動平均線とMACD、ボリンジャーバンドを使った取引と
どちらが勝率が高くなるのかみてみようと思っています

ボリンジャーバンドのときはどれくらいで利益確定すればいいのかが
まだちょっとつかめてないのでそれも検証かねたいと思います。

では^^





初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール



関連記事

1 Comments

ネコタ  

こんにちは。昨日は大チャンスでしたね。
おかげさまで、60pipsくらい稼がせてもらいました。
ああいうチャンス相場が、また来てくれたら良いですね。

2017/03/23 (Thu) 17:14 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment