20
2017

行政書士資格の勉強を100時間してみた結果www

CATEGORY考えてみた


こんにちは!ゆうひです。

2月の終盤から25日間かけて現在
107時間ほどの行政書士資格の勉強をしました。

行政書士資格を持っていることがどれくらい有用なのかは
今日は省くとして現在の勉強の進行具合や
これから行政書士資格をとろうと考えている方の
参考になればと思います。

まず、行政書士資格の勉強は
憲法、行政法、民法、商法、基礎法学、一般知識、の6項目で
構成されています。

私はこの25日間で行政書士資格の行政法にその大部分を割きました。

107時間の勉強のうち、102時間は行政法です(笑

なぜ行政法ばかり勉強するのかと言えば、それは行政書士の資格試験で
行政法の得点配分が3分の一を占めるからです。

続いて民法の得点配分が高いわけなのですが

得点配分の高い科目を重点的に勉強することで
得点率を上げようという考えですね。

もちろん他の科目も念入りにやろうと思いますが
まずは行政法、そして民法に穴が無い程度にはやらなければならないわけです。


一般的に行政書士資格の合格までの必要勉強時間は500~800時間と言われて
いて難易度も高い試験です。

私はこの勉強に投資した時間を無駄にしたくないので
当初は1000時間の勉強時間を確保して確実に資格を取ろうと思い、
この25日間は毎日欠かすことなく4時間15分の勉強ノルマを果たしてきましたが

この行政書士資格の勉強に気をとられるがあまり他のやりたいことが
できなくなってしまいました(笑

今現在ですら
ルーティンとしてtodoリストの作成、筋トレ200回、体重チェック、カロリー管理などの
ダイエット、とFX、それら項目の達成度などを記録する記事をの執筆しているので

それと増やした夜勤バイト等を合わせると自分のキャパシティを超えることに気づきました(笑

なので当初の予定と変更して800時間を目安としてやっていきたいと思います。

時間は1ヶ月ごとに進行度などをチェックしていき
合格達成までに必要な習熟度と比べて調整していきたいと思います



サイト用4

関連記事

0 Comments

Leave a comment