FC2ブログ
08
2016

<ビジュアルノベル>品質がなければ世に出す必要がないと思う三つの理由

CATEGORY今の気持ち



こんばんわ! ゆうひのぼるです。

夜勤をやっているせいか生活リズムがおかしくなっている今日この頃。
今はもう7月8日ですか。

10月までに一区切り終えたいので最短でいきたいと考えていて
そのためには何をやらなければいけないかをピックアップしなければいけないわけです。

しかし私が作っているビジュアルノベルゲーム「エルの銀河旅行記」は
舞台が宇宙なので没入感をだすためにできる限りのフォトリアルを追求していきたいと思っています。

当初は水彩画でできる限り枚数を多くする方法でやろうとしましたがこれではだめだと
CGを描くようにしました。

水彩だと作業時間短縮や私がやりやすいと感じているアナログなので選んだのですが
やっぱり宇宙の「こわさ」って宇宙にいるという疑似体験のようなものが生まれないと
感じえないと思うのです。

よってそれまでの水彩画を全部破棄、イメージボードとして活用しています。

作業時間的には痛かったのですが、クオリティがなければ世に出す意味がないと考えていますので
できるかぎりブラッシュアップしていきたいと思っています。

10月までに区切りを終えて一度世にだして細かいところを修正して更新していければなと思います。

これはビジュアルノベルだけでなくて全てに共通することだと思うのですが
やはり第一にスピード。そしてスピードの中にクオリティを求めて、自分が決めた期限の内に
終わらせることです。

でなければいつまでたっても商品なんてできません。

スピードばかり追い求めてクオリティが低くては元も子もないので原点回帰し
今の自分に足りないものを追い求めながらやっていきたいと思います。
関連記事

0 Comments

Leave a comment