15
2017

FXの取引計画表を作ってみました。初心者の方におすすめです。

こんばんは!ゆうひです。

FXでの移動平均線での取引が安定してきたので
さらにトレードを安定させたいためにFXでの期待値などを求めていきたいと思います。

自分の取引がどれくらいの利回りなのか、またどれくらいの利益が発生するのか
いった指標があるというのは大事だと思ったのでちょっと計算して表を作ってみました。



FX目標

今回は資金量が十万円の場合で勝率は私の現在のトレードの勝率と一ヶ月に得たい利益から
取引回数や期待値などを割り出しました。

ロット数を変えれば、その分得られる期待値も大きくなります。

損益率の求め方=平均利益÷平均損益

損益率はその取引がどれくらいの収益をもたらすのかに役立ちました
1.00を中央値としてください、1.00を下回れば
収益は-ということになりますのでご注意を。


一回当たりの取引の期待値の求め方=平均利益×勝率-平均損益×負け率

一回あたり自分の取引はどれくらいの利益を生むのかといった期待値です。


月当たりの取引の期待値の求め方=平均利益×勝率-平均損益×負け率×(月あたりの取引回数)

一ヶ月あたりどれくらいの収益があがるのかとって期待値です


月の利回りの求め方=月あたりの取引の期待値÷資金量

一ヶ月どれくらいの利回りがあるのかがわかります。
利回りは持っている資金量が多いほどリスクが低くなります。


期待値(pips)の求め方=利益確定(pips)×勝率-損切り(pips)×負け率


このロジックはFXをしている人すべてに共通して有用だと思うので
コピペなどして結構ですのでぜひご自身の取引のあてはめてみてください
(計算間違っていたらすみません!)


まとめ




手順としては

・まずはFXの基礎的な知識を補完する

・一つのテクニカルツール(移動平均線)の武器を手に入れ
その武器でデモトレードなどで取引を100回ほど行い勝率を割り出す。

・割り出した勝率から自分の目標としている利益や利回り
などを計算する

・実際に行った取引から目標との齟齬を分析し把握する。

この手順を踏むのがおすすめです。

後日もう少し詳しく書こうと思います^^

では!




初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール


関連記事

0 Comments

Leave a comment