13
2017

挑戦できない人が挑戦できるようになるために必要な4つの方法

CATEGORY考えてみた
挑戦



こんにちは!ゆうひです

今日はなかなかやりたいことがあるけれど
一歩が踏み出せないという人が

その一歩を踏み出せるようにするための方法論などを考えてみましたので
書いてみます。

挑戦できないと思われる根本的原因を考える



まずは何が物事に挑戦できない要因になっているのかという
根本的原因について考えます。

挑戦できないのは、環境の問題なのか、マインドの問題なのかによっても
話は大分変わってきます。

何らかの環境によって挑戦できないと感じているのならば
その環境を改善しなければいけませんし

マインドの問題ならばモチベーションを上げるように
改善する必要があります。

なのでまずはあなたが挑戦できないと思われる理由について
少し具体的に考えると良いと思います。

この根本的問題が明らかにされていないと
いつまでも挑戦だったり物事に取り組むことができない状況
に陥ってしまう可能性があります。


環境の問題とマインドの問題



まずは新しい取り組みや挑戦を阻害する
「環境」の問題について考えてみることにします。

自分の家庭にお金がなくて大学受験ができなかったり、
子育てに追われて、やりたいことに挑戦できなかったり
仕事が忙しすぎて、やりたいことができないというような
環境が原因となってやりたいことや挑戦したいと思うことができない方
は多いと思います。

特に現代社会では毎日の生活や家事、仕事、移動時間などなど
普通に生きているだけで時間の大部分を失われますので新しいことに挑戦すると
いったことに億劫になってしまいがちです。

マインドの問題は
もともとは過去の体験などから自分に自信がなくて新しいことに踏み出す
ことができなかったり

理想が高すぎて
「どうせやっても失敗するだろう」とやる前から諦めてしまうパターンなどが
マインドの問題としてあげられます。



環境の問題の解決方法「捨てるの考え方と別の視点の考え方を備える」



環境の問題で大事になってくるのは「捨てる」という考え方と「別の視点で考える」
考え方をおすすめします。


・捨てるの考え方

まずは「捨てる」という考え方ですがこれは今まで行っている
生活の一部を捨てるというものです。

人間は良くも悪くも環境に依存してしまう生き物です。

具体例に言えばマナーが悪い集団にいればマナーが悪くなりがちですし
相手を尊敬する集団にいれば尊敬しやすくなります。

環境は人の思想を簡単に変えてしまうメリットもデメリットも孕んでいるものなのです。

なのでこれをちゃんと認識しておかないと自分が気づかないうちに
自分が望まない思想を持っているなんてこともおこりえます。

何か挑戦する際、自分が挑戦したいことに対してそれを阻害してしまう
環境があったのならば「捨てられないか」考えてみることをおすすめします。

この捨てるという考え方は大事ですが、なかなか自分の環境を捨てられずに前に進み出せない
と言う方は多いと思います。

もちろん今までの生活の一部を捨てるので勇気のいる方法です。

ただし一度自分の環境を見直して「捨てる」か「捨てないか」まで
考えてみるのことは有用なことだと思います。


・別の視点で考える

別の視点とは、今までの環境を継続した上で自分の中で落としどころ
を見つけるものです

例を言えば環境のせいで大学に行きたいけど予備校などはお金がなくて
いけないし、大学受験費すら出せないという方がいるとしましょう。

その場合でしたら別の視点で考えてみて、通信制の大学にいったり
大学ではなくてその先の就職などが目的ならば
資格をとったりすることです。

今の現状の環境を変えることはできないけれど
挑戦したいという方はその挑戦するものに違った視点を加えることによって
目的を達成するという方法です。

もちろん、この方法は自分の理想の
100%の結果を得られるものではないですが

環境によって挑戦したいことが阻害されている場合、
100%の結果をえられる可能性は低いのです。

100%の結果ばかりを求めていては先に進めない場合があって
何度も同じところをぐるぐると回る可能性があります。

自分の中で柔軟に折り合いをつけることが時には大事なのです。



マインドの問題の解決方法「小さな成功体験とメンターを見つける」



・小さな成功体験を積み重ねる

マインドの問題によって物事が挑戦できない人の根底にあるのは
「自信のなさ」に集約されます。

自分が育ってきた経験で満たされなかったためか
自分に自信が持てずに新しいことを挑戦するのに億劫になってしまったりします。

なのでまずは自分に自信を持つために小さな成功体験を積み重ねることを
おすすめします。

例えば、筋トレで言えば腹筋をいきなり100回とか200回やるのではなくて
一日5回でもいいので始めてみることです。

5回なんて数秒で終わります。けれど毎日1回ずつ増やしていけば
一ヶ月後には35回できるようになっています。
最初は5回だったのでその回数はどんどん増やすことができます。


例えば勉強で言えば、毎日10分でもいいので読書を始めてみることからするのです。
そうしてだんだんと時間を増やしていってある程度の期間を設けて
自分の理想とする目的に近づいていけばいいのです。

小さな目標でもそれを達成できたのならばそれは
立派な「成功」です。その小さな成功の積み重ねは
続けていくと「自信」となって「信念」へと変わります。

自信が無い人はその分、自分に不満があるので何かを大きく変えがちになって
しまうと思いますが、いきなり自分が大きく変わることはありえなくて

毎日コツコツやることが一番の近道なのです。。


・メンターを見つける

メンターは簡単に言えば師匠のようなものです。

自分が挑戦したいと思うことは、ほとんどの場合
過去にそれに対して挑戦し成功した人がいます。

その成功した人がどのように成功していったかを
自分の中のお手本として据えることです。

これは人でなくても、本だったりでもOKです。

自分の中でゴールまでの道のりが認識されていてなおかつ
その道のりを今までに通ったことがある人をお手本にするのは有用です。

どのようにすれば目標に達するのか、成功するのかが明らかに
なれば挑戦することのハードルは下がります。

人間というのは不安定な生き物で常にどこかで
心のよりどころを探しています。

これは宗教に限った話ではなくて
親だったり学校の先生だったり有名人、著名人だったりと、
自分の考えの軸を支えるのにはイコンなるものが必要です。


まとめ



いかがでしたでしょうか。

私もなかなか物事が挑戦できなくて困っていました。

その中で大事だと思ったことを今日は書かせていただきました。

これから何かに挑戦したいと思っている方のお役に少しでも立て
ば嬉しいです。

では、またね!



サイト用4

関連記事

0 Comments

Leave a comment