11
2017

(FX)2月6日から2月10日のドル/円相場で利益を得るための上昇サインと下降サインを分析し解説します。



前回の一週間のチャートから上昇・下降サインを分析記事は
「 (FX)1月30日から2月2日の相場で利益を得るための上昇サインと下降サインを分析し解説します。 」をごらんください

こんにちはゆうひです。

今週も取引お疲れ様でした!

今週は下降気味のトレンドで週末にドルが2000ピップス
近く上昇しましたね。

今日もこの1週間のチャートにおいて
上昇サインと下降サインについて分析し解説していきたいと思います。

まずは取引のルールをごらんください

取引のルール



買いと売り

テクニカルツールは移動平均線のみ

損切りをかならずする(損切りはエントリーした直近の底値から1~3ピップスほど下、
売りの場合はエントリーした直近の高値から1~3ピップス上で損切り予約))

ロット数は1

ファンダメンタルで判断はしない。(値動きがしやすい雇用統計などの日程のみ確認)

日足をかならず確認しトレンドを判断する


エントリーのルール




買い
チャートが3つの移動平均線を超えたとき

下がり移動平均線を境にまた上がり始めた時のみエントリーする

売り
3つの移動平均線を下回るとき

また上昇し移動平均線に触れて下降に転じたときにエントリーする

100ピップスで利益確定


2月6日のチャート



fx26.png


右上の日足チャート図をごらんください
この日は移動平均線から日足は下降トレンドを示しています。

なので値がさらに下がりやすいと判断できます。

4時間足もいくつか3つの移動平均線を下回る場面がありました。

1時間足もトレンドフォロー(トレンドにそってエントリーする)
すれば利益を得られる場面がありました。

ちなみに私の取引ルールの場合、一回で得られる利益は1000円ほどで
一回の損失は2000~3000円なので
一回損が出るまでに3回は利益を得られないと
損のほうがでかくなってしまう取引方法です。

しかしこの日に限って言えばルールどおり取引を行えば
利益の方が多く重ねられそうです。

そして今私が行っている取引方法で利益が出る確率は
検証中です。


2月7日のチャート




fx27.png


この日の日足は全体は下降的です。

ただし、この日に限って上昇しているときは
「だまし」といわれている一時的な上昇の可能性が高いので
安易に「買い」を行わないようにするのが良いと思います。

4時間足は2回ほど売りエントリーの場面があって
どちらとも100ピップスは下がっているので
ルールどおり取引が行えれば利益がでます。

1時間足は逆に上昇が目立つチャートでした。

下降トレンドのときに上昇したときは
3本の移動平均線を越えたときにだけ
30~50のピップスを狙うのが良いと思います。

これも今検証中ですが
経験から下降トレンドでも3本の移動平均線をこえたときは一時的に上昇する
割合が高いです。


2月8日のチャート



fx28.png


8日の日足は下降トレンドと判断しなおかつ前日と比べても
価格が下がっているのがわかります。

このことから「売り」をメインに考えていくのが
無難だと思います

4時間ではやや横ばいに価格が上下しています。
損切りを低くするとこういうチャートの時はすぐに
損切りされてしまいます。

なのでエントリーしたところから直近の底値、売りのときは直近の底値
付近に損切り予約をすると良いと思います。

少し含み損期間が発生しますが我慢するべきですね。


1時間足レンジ的に価格がいったりきたりしていますね。

今考えればこのいったりきたりする相場は
その後の急激な上昇の前触れだったのかもしれません。


2月9日のチャート




fx29.png


この日は急激にかなり伸びました。

日足は全体は下降気味ですが
この日に限ってはあがり幅がかなり大きいです。

判断のしにくい相場です。

4時間足、1時間足は
移動平均線では判断が不能なので取引しないのが
無難な日といえます。


2月10日のチャート



fx30.png


この日も前日と比べてさらに伸びた日でした。

日足は全体は下降傾向ですが昨日、今日に限っては
かなり上昇しています。

4時間足では「買い」で一度だけエントリーの場面がありました。

日足で下降的でもこのように3本の移動平均線を越えるあたりで
エントリーすると一時的に上昇しやすいとにらんでいます。

1時間足も一度だけエントリーの場面がりました。

一度エントリーして利益が重なったら
損切り値をずらして再度エントリーしなおせば
損にならずにそのまま利益を積み重ねることができるのでおすすめの方法です。


まとめ



私は今週から「売り」も始めてみたのですが

買い取引同様ルールをどおり行えば予想どおりの結果が
ある程度出ることがわかってよかったです。

自分の取引手法を確立して
その手法だけ機械的に行っていれば仮に一時的に
損が発生していても余裕をもって取引を行えます。

なのでFXを攻略する上で大事なのはまずは取引のルールを決めて
自分の取引手法の利回りなどを調べて

機械的にチャンスがきたらエントリーするというのを
繰り返すことなのではと思っています。

では^^



サイト用4




初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール


関連記事

0 Comments

Leave a comment