01
2016

ゲームグラフィックを描いてみた「エルの銀河旅行記」⑦-アンドロメダ銀河

CATEGORY作品集
cg8-2.jpg


このグラフィックはゲーム製作として描いた7番目の作品です。

どうですか?美しいでしょう?


これはアンドロメダ銀河という名がついている銀河です。

私が最も好きな銀河の1つでもあり
アンドロメダ銀河は私達が住む天の川銀河から250万光年の距離にある銀河です。

ちなみに250万光年とは光の速さで250万年かかる距離であり
光の速さは1秒間に30万キロメートルです。地球7週半です。

なのでどれくらい遠くにあるか想像ができないほど遠い距離に存在するのがわかりますね。

アンドロメダ銀河自体の直径は20万光年で、アンドロメダ銀河の周りを少なくとも10個の
小さい銀河が衛星のように回っています。

このグラフィックを描く時は

ゲームグラフィックを描いてみた「エルの銀河旅行記」①

などや

ゲームグラフィック「エルの銀河旅行記」③-海しかない惑星

ほどは時間がかからなくてすんなり描いていけました。
描く手順もあたまに入っているので銀河を描く仕事があるのなら是非ひきうけます(笑

まぁ需要がなさそうな仕事ですね。

それでもお絵かきサイトのピクシブで結構な反響があり、ブックマークが現時点で40もあって
やっぱりみんな銀河が好きなんだなと、銀河好きが増えることを嬉しく思っています。

銀河とはそもそも恒星系の集まりですので
1つの銀河の中に物凄い生命の可能性を秘めています。

銀河にも姿かたちが色々あって宝石のように多種多様な輝きを放ちますから
その魅力をゲームの中で表現できたらなと思っています。
関連記事

0 Comments

Leave a comment