31
2016

ゲームグラフィックを描いてみた「エルの銀河旅行記」④-原始惑星内部

CATEGORY作品集
cg5.jpg




このグラフィックはゲームグラフィックを描いて4番目に描いた作品です。

「 ゲームグラフィックを描いてみた「エルの銀河旅行記」① 」

を描いていて、構図、ポージング、色合い、物質、絵としての
整合性などあらゆるものに間違いがないように研究しながら書いていて
精神的にも少し疲れてしまって、

次は人物がない短時間で終わる背景を描こうと思い
ゲーム内でカットとして使うCGを描き始めたのはいいものの

やはりフォトリアルということで中途半端に仕上げるのが嫌で妥協せずにいたら
2週間ほどかかってしまい、箸休めにもならない感じなってしまったのを覚えています。

でも背景の描き方はこの時点でおおよそのコツを掴んでいて最初、海を描く時
よりよっぽど作業時間は早かったです。

というか集中して描けば3、4日でできたと思いますが夜勤バイトなど
もろもろの事情で集中力がうまくつきませんでした。

誰か私のパトロンになってくれませんか(笑

まぁ原始惑星ということで、そもそも原子惑星の惑星内部を見たこと
がある人がいないのはもちろんのことですし、科学的に観測されたこともないので
科学的根拠に基ずく予想なんです。

なので背景グラフィックの通りの
世界が実際にあったということを保障するものではありません。
まぁこれはいわずもがななんですが、もっと惑星初期の様子が、
ひどい悪魔的な環境だったら面白いですよね。

惑星初期の形成において惑星内部の視点から早送りで世界を
眺めてみたいものです。

有志の方でCG映像作っている方いたら是非ご連絡ください!
飛んでいきます。
関連記事

0 Comments

Leave a comment