25
2017

なんで楽して生きないの?www|幸福になる方法の話

CATEGORY考えてみた
楽




よく思うのですが、
なんで楽に生きようとせずに皆つらいことばかり選ぶのでしょうか。

これは主に仕事の話なんですが、なぜみんな
好きでもない仕事をして、残業だ、ブラック企業だと
愚痴をこぼしながらも楽して生きることは意識しないのでしょうか?

これは楽して生きることというよりは
自分の人生の幸福について真剣に考えている人が少ないと思うためです。

なぜならば、もしやりたいことや好きなことがあるのならば
私は自分の気持ちに正直になって、たとえ周りに反対されようと
やるべきで、それで周りにいる人が自分から離れていってしまっても

自分の幸福を守るためには仕方の無いことだと思うのです。

自分の幸福を蔑ろにする人はそれこそ無責任だとおもいます。

自分の幸せを真剣に考えられない人が自分以外の人間のことを真剣に
考えられるはずもなく、そういう人は信用に欠けると思っていて

自分の幸福を追求しない人が今の社会には多いと思うのです。

それは確かに日本の村社会のような文化柄、他人がどう思っているのか
というのを必要以上に気にする社会が少なからず影響はしています。

けれどそこで妥協して自分のやりたいことを抑えて生きているのならば
それはあなたであってもすでにあなたの人生ではないです。

もし仕事で悩んでいるのならばやめるべきですし、
やめるためにはどうするべきか考えるべきです。

もしやりたいことができないのならば、何がやりたいことなのか
明確にして、それを邪魔するものは例えなんであろうと
捨てるべきです。

私はこの捨てるというのがほとんどの人ができていないと思っています

友人の中途半端、仕事も中途半端、人生も中途半端と
人生の中で色々なものを背負いすぎていって、それが捨てられなくなって
身動きができない人がなんて多いことか。。

もし自分の人生の幸福において必要ないと思ったものだったら
あっさり捨てることをおすすめします。

これは友人、知人、家族、仕事、持っているもの、こと、考えなど
全てに当てはまります。

そうすると、物凄く楽になります。

楽になって自分の人生の幸福を追い求めると
あなたの周りにいる人は意識が改革されていきます。

意識が改革されあなたに影響されるとその人もまたささいなしがらみ
から解放されて幸福になろうとします。

今の社会はみなが責任のなすりつけあい、
裏で愚痴の言い合い、ミスのあらさがし。

けれど良いところは褒めずに悪いところだけ指摘する。
こんな社会で幸福になれと言っても難しいです。

ではどうするか。

自分で幸福になるしかありません。

人生はもっともっと楽になれるものだと思います。

死ぬまでの時間は長いですが
何かを成し遂げたり自分が好きなもの、構築したいものを
作るにはあまりに早いのです。

幸福になってもいいし楽になってもいい。

これは未熟ながら私が保証します。

あなたの人生はあなただけのものであって、誰かの人生を
生きる必要なんてないです。

もし誰かがあなたにそれを言うならば、あなたの幸福をその人は
考えていないでしょう。

誰かのものさしで判断される人生なんてあなたは求めていないはず。

あなたは自分の幸福を求めているはずです。

その幸福をあなたは今感じていますか?

もし感じていないのならば何が原因で幸福だと感じませんか?

繰り返しますが、あなたの人生の主人公はあなたです。
誰かのために生きる必要はなく、社会の奴隷になる必要もないです。

あなたの幸福に比べれば、社会的地位だったり、知人や友人だったり
周りの雑音なんて屁でもないのです。

求めるべきはあなたの幸福です。


では、またね!
関連記事

0 Comments

Leave a comment