29
2016

ゲームグラフィックを描いてみた「エルの銀河旅行記」①

CATEGORY作品集
線画完成版6
(画像をクリックしていただくとアルバムが開きます)

今年の3月から4月くらいにかけて描いた
1ヶ月くらいかかったグラフィックです(笑

シナリオが終わってどういう方向性の絵柄にしようかなと考えている時に
できるかぎり背景をフォトリアルに近づけようと、がんばって1ピクセルあたりまで気をつけて
描きました。

ゲーム製作の最初のグラフィックでもあり、
今までの人生の中で当時もっとも根をつめて描いた作品でもありました。

最初は作業効率等を考えて全部アナログ水彩で描こうと思っていたのですが
今のビジュルノベルゲーム市場のグラフィックを加味して水彩をやめて
CGで描くという結論に至りました。

この絵でなぜ1ヶ月もかかっていたのかというと、
1つひとつの描くパーツの構造などを研究しながら描いていたので時間がかかってしまいました。

もともと独学で絵を描いていた身なので想像で描くことがクセになっていて
物体の詳細な構造をはぶいていた欠点が私にはありました。

しかし商業的にゲームを作る上でそれはあまりにも世界観が限定されてしまうので
今の市場をふえまた上で作りこみました。

ゲーム内ではこの主人公のエルの表情が変わったりと他にも色々と仕掛けがありますので
よろしくおねがいします。




追記



さきほどランキングを確認したらゲーム製作の注目記事ランキングでこの記事が1位になっていました。
見ていただいた方、ありがとうございます。
注目記事ランキング1位

見てくれている方がいるのだからせっかくですし、このグラフィックが完成するまでの手順を公開したいと思います。


作業手順①「ラフを描く」

新規キャンバス1

まずいきなり精密な絵を描くのはいくらなんでも無謀なので、頭の中にあるイメージを描き出していきます。

しかしこのラフの段階が実は一番大事な工程でここで作品の9割方の質は決まっているようなものだと思います。

この時は女の子が誰もいない広い海で一人ぷかぷかと海を漂う絵を想像していて、ゲームで一番最初に出てくる重要な登場シーンでもあるので顔なども見せたいと思い、それをふまえた上でラフを書き起こしました。


新規キャンバス4

線を修正しながら物体を追加したりやめたりと試行錯誤していきます。



作業手順②「背景を描く」


製作途中1
ラフが決まってきたら背景と合わせてバランスを整えます。
ちなみにこのグラフィックを描く時に背景を3割ほど描いてから人物のラフに入りました。

線画cg1-1

背景を描きこんでいきます。背景を描きながら人物の線も修正していきました。
ぶっちゃけ作業時間的にはこの背景を描きこむ時間が一番長かったと思います。
単調な作業ですからね。精神的にもきます(笑


作業手順③「線画にする」

線画cg1
人物の線を修正して、一本の線にします。


エルcg3
組み合わせたアイテムのラフを描いて、これも一本の線にしていきます。

ちなみに最後の最後まで帽子を描くかどうかで悩みました。

1枚目の線画を見ていただければわかりますが当初は帽子を付ける予定はなく、この主人公の女の子の
特徴でもある横にはねた髪をそのままに描いてました。

けれど、「帽子もなく海の上で浮いていたらすごく暑いんじゃ……?」
という至極まっとうなことに気づいて変更しました(笑

作業手順④「線画の線画を作る」

線画完成版

できた線画が少し薄かったのもあり、線画の上にさらに
線画を描きました。この線画は1ピクセル単位でラインに誤差がないように描きました。

この線画で線画は完成になります。手順としてはラフを修正していき線画にして
それを線画にして最後にもう一度線画にするという手段をとっていました(笑

作業手順⑤「人物と物体の色を塗る」

線画完成版4

人物と物体の色を塗っていきます。

下塗りをした後に影をおいていき、全体の色合いをみながら調整していきます。
色合いのバランスが良くなるようにアイテムの色と配置する場所も考えます。
この時、配色についても研究しながらやっていました。

例えば、青と黄色は合う色だったり緑とオレンジは合う色だったりと
色には心地よく感じる色合いがあってそれを意識しながらやっていきました。

作業手順⑥「調整をする」線画完成版6

輝度や明度を整えたり、細かいところの加筆修正をして完成です。

上とこの画像を見比べると修正箇所が明確にわかると思いますが
主に影について意識して最後の調整をしました。


まとめ


ここまで見ていただいてありがとうございました!

絵を商業的に描こうと思ったら、やはり想像で描くのは
良くなくてあらゆるものを把握しながら描くのが上達の
近道だと思います。


そして私は今、ビジュアルノベルゲームを作っています。

それは、このグラフィックにも出てくる主人公の女の子が人間がいなくなったあとに
一人、広大な宇宙を旅するお話です。

「宇宙」や「系外惑星探査」に興味がある方は是非よろしくおねがいします^^

関連記事

0 Comments

Leave a comment