17
2017

どの情報にも必ずその発信者に意図があることを忘れてはいけない話

CATEGORY考えてみた


情報


どんな情報にも必ずと言っていいほどその発信者に何しかしらの意図が
あることを忘れてはいけません。

ネットではそれを考えずに情報を受け取り、損をしてしまう人が
度々見受けられたので今日はそのような話をしたいと思います。

例えば、私で言えばなぜそもそもこのような記事を上げているのかというと
私のブログのPV数を上げて収益を得たいという「意図」があるわけですね。

まぁ今はまだ広告すら貼ってない状況ですが
このブログを有名にしたい意図があるわけです。

例えば、ツイッターで毎日あなたにとって有力な情報を発信している人は
なぜそのような情報を発信しているのかというと、フォロワー数を上げて
自分のツイートに貼っている広告から収益を得たい意図があるのです。

例えばゲームを作っている人がなぜブログを更新するのかといえば
自分のゲームを公開し少しでも多くの人にプレイして欲しいという
意図があるわけです。

これらは数例ですが、情報とは必ずといっていいほどその裏に発信者の意図なるものが存在し
それは雑誌やテレビ、電子書籍やネット上で目にする全ての情報
などありとあらゆる情報全てにいえることです。

この発信者の意図をくむことができないと
体よく誘導されて、損を被るおそれがあることを忘れないでください。

特にお金の絡む情報は注意が必要で、あなたにとって「得になる」
あなたが「稼ぐことができる」情報を発信している人に対しては

なぜその人があなたにとって得になる情報をわざわざ自分の時間を割いてまで
発信しているのか考えてみてください。

その人は完全にボランティアで善意で稼げる方法や得になる情報を
発信していると思ったら、そんな甘い考えではいけないのです。

それはあなたにとって得になる情報を使って自分が「得」になる
意図があるので、これがわからないと

「あの人はすごい!」などと

盲目的になってしまいます。

得に今はツイッターやSNSなどをやっているとこういう情報が
多く、意図が判断できない人は損するシステムがあります。

なので自分に得になる情報ほどその発信者の意図を考えるべきだと
私は思います

では^^


関連記事

0 Comments

Leave a comment