13
2017

待っているだけではチャンスは訪れない‐才能がないのなら尚更な話

CATEGORY考えてみた
チャンス



待っているだけではチャンスは訪れません。

私も前はイラストなどは適当に続けていればどこかの誰かが
声がけしてくれて有名になれるだろうと考えていました。

けれど、自分から待っているだけでは今の時代
その他大勢の中に埋もれてしまいます

自分は誰なのか、自分はどんなことができて、何をするのか

その分野はどれだけの人が求めていて、自分は人に利益を
提供できるだけの経験と意欲があるのかなどを
自分から言わないといけません。

誰も見てはいません。才能がないと思うのならば尚更です。

一部、例えば味覚が他の人より優れていたり
筋肉が発達しやすいからだの人だったりと
遺伝的、感覚的センスのある人たちはたしかにいますが

そのような人たちと競うジャンルであるならば
尚のこと作戦立てをしてしっかりと自分から意思表明を
しなければいけません。

今の時代、SNSやブログ、サイトなど
自分が行いたいと思っていることを公表できるツールは揃っています。

なのであなたがどれだけ意欲を持って
表明できるかが大事なんです。

待っているだけでチャンスが訪れるというのは
宝くじを買うようなものです

「成功すればいいな」という不確かな憶測は
「失敗してもいい」と捉えられかねません。

ある分野で自分が成功したいと考えるならば
待っていてはだめです。

挑戦し失敗を繰り返して成功に近づくべきです。

成功者はみんなそうして成功を手に入れてますし
成功何倍もの失敗をしています。

結果ばかり固執するのもモチベーションに影響しますので
おすすめはできませんが

確かなのは待っていては埋まってしまうよ、という話です。
関連記事

0 Comments

Leave a comment