12
2017

楽観的になる、悲観的にならない8個の方法|ポジティブシンキングが大事!?

CATEGORY考えてみた
ユーザー




何事も楽観的になることが大事だと思います。

アメリカ、ケンタッキー大学の研究によると「楽観的」は寿命を
10年も延ばすという結果が出ています。

寿命に限らず物事の良い面から見ていくことは
余計なことを考えずに進んでいくことができます。

逆に悪い面ばかりを考えて悲観的になると
モチベーションがあがらずに物事を途中でやめてしまったり

「どうせ結果がでないのなら挑戦するだけ無駄」

というように投げやりになってしまいます

今日は楽観的になる方法とまた悲観的にならない方法について
8個に分けて書いていきたいと思います。


楽観的になる方法①「見る情報を選ぶ」



見る情報は食べ物と同じで多くの価値観をもたらします。

今の時代、もうほんとにあらゆる情報が溢れすぎています

それも嘘か本当かわからない情報。明るい情報。悲しい情報
などもう数え切れませんし、どのくらい多いのか把握することすら
困難です。

その中で自分が行っている物事に対する
情報を得る際には気をつけたほうがいいです。

例えば自分がやっていることを悲観的に書いてある情報
やデメリットばかりが浮き彫りになっている情報などはついつい
見てしまいがちですが、これは途中で意図的にシャットアウトする
べきです


人間の心のメカニズムは物凄く繊細なので
意図しない情報にも気分がかなり左右されます。

なので常日ごろからあれは見ないようにする。これは毎日
目を通そうと経験の中で取捨選択すること
です。

情報が多い便利な世の中だからこそ、目にする情報は大事
それが人間の考えなども形作るものなので気をつけるべきだと
私は思っています。


楽観的になる方法②「人間関係に気をつける」



よくネガティブなことを言っていたり、
自分が何かに挑戦しようとしているときに安易に批判するような人
が近くにいるというのは少しあぶない状況です。

また、裏で陰口を言うような人、それを自分に告げ口する人。
全部アウト。全て今の自分には必要の無い人と判断できます。

その人の発言力が高ければあなたの心は侵食されて
不安因子が心に残ります。

「本当に今のままで大丈夫なのかな」

と表面的にはすまし顔でもあなたの心は傷つくでしょう。

逆に、自分の行っていることを心から応援してくれる人。

友人でもお互い尊敬することを忘れない人などは
一生の宝になりえますのでこういう関係は大事
です。

家族以外ではそう多くはないでしょうけどね。

人生で一人でもこのような関係を持つソウルメイトとでも
呼ぶべき友人ができると、楽観的になれると思います。


楽観的になる方法③「お金に対する不安をなくす」



お金に対して不安を抱いている人は多いと思います

将来の不安仕事の不安など経済状況によって困窮し
悲観的になる人はかなりいます。

今の日本だと年収442万円が平均値で
今の日本の不況や少子高齢化地方過疎化などの影響も含めて

ほとんどの方がお金に対しては
少なからず不安を抱いているのではないでしょうか。

お金で悲観的になったりするのは仕方のないことかと思いますが
少し悲しいですよね。

お金に関してはまずいくらの収入があっていくらの
支出があるのか明確にすることが不安をなくす第一歩
ですね。

仕事で成功する。投資で成功する。不労所得をつくる。起業してお金持ちになる。

というのはその先の話でまずは今の収入と支出を完全に把握することから
始めてください。

私も今まではお金の扱い方をかなりズボラにやっていまして、
月末にはちょうどいいくらいにお金が底を尽きるという感じになっていました。

けれど、今では、金銭を管理して何にどれをどのくらい使うのか
月の始めに行っていますので、お金が足りなくなるという
不安からは解消されました。

まずは金銭管理をしっかりとする。

これができてからお金を投資したり、自分磨きに使ったりと考えていく必要があると
思います。



「楽観的になる方法」④「健康に対する不安をなくす」




健康に不安があると本当になにもできません。

例えば不摂生がたたり風邪ばかり引いてしまったり
暴飲暴食の脂っこい食事ばかりするとだるさがとれなかったりします。


また睡眠不足は体には毒です。

寝ないとネガティブなことを考えがちになりますし
ちょっとしたことでも怒りっぽくなってしまいます。

なので健康に関してはできることから始めるのが良いと思います。

いつも24時に寝ているけど趣味の時間を少し減らして23時には寝ようと
習慣づけてみたり

必ず毎日サラダは食べてみようと、小さくても食事面の改善を試みたり
することです。

結果的にそれがあなたの人生を効率良く回し楽観的になる要因になります。

これは当たり前のことだと思われるかもしれませんが
当たり前のことほど重要なことはなくて、

またそれを疎かにしまいがちなんです。

なのでまずは健康面に関してはしっかり「寝て」しっかり「食べる」
こと
から始めてみてはいかがでしょうか。

夜遅くまで作業していても結局睡眠不足で効率が悪いです。

しっかり寝て、ぱちっと起きて作業するほうが効率も良いし気分も良いです。

食べるものも同じで毎日の食べているものが自分を
形づけるものなので、少しでも栄養やカロリーなどに気を使った食事を
するべきだと感じています。

私も今では毎日200回の腹筋と体重チェック、
食べたもののカロリーを記録して管理することを徹底するようにしています。

やってみて感じたのはやはり適度な運動は体のだるさも摂れますし
カロリー管理はどんなものをどれだけ食べたかという点で
「食べたもの」というのが明確にわかります。

そして今自分が行っている関係ないと思うような事業を効率的
に運ぶためにもなくてはならないものだと感じています。


楽観的になる方法⑤「環境を変えてみる」



悲観的になる要因として自分ではどうにもならないことがあります。

私の知り合いで例を上げれば
その方はルームシェアをしていて一緒に同居する人が夜中の3時まで
毎日どんちゃん騒ぎをしていたらしいです。

その方は物凄いアクティブで明るい性格の方なのですが
耐え切れずに引っ越してしまったそうです。

これは一例ですが、自分では正直どうすることもできないことで
外敵要因がもとで悲観的になってしまうのならば

いっそのことその「要因」を取り除いてみることです。

人間は良くも悪くも環境に依存しています。

コミュニティで悲観的になるのならばそのコミュニティを抜ける。

誰かが原因で悲観的になるのならば、その誰かから離れるといった
方法です。

正直なところ、この環境というやつはやっかいでして

大抵の場合自分ではどうすることもできず、さらには
だいたいが自分も「当事者」なのでその異常性も認知しずらかったりして
なかなか抜け出すことができません。

もし「なんか俺、私、悲観的だなー」と思ったら
まずはこの「環境」について疑ったほうがいいと思います。

根本原因を掘り出してみるとけっこうな確立で
自分一人では「対処不能」なものだったりします。

こういうときは抱え込まずに「捨てる」べきだと私は思っていて
つらくなったのならば「逃げて」もいいし

今ある環境を「捨てて」しまってもいいと思っています。

もちろんその当事者にしかわからない痛みなるものを
わたしごときが外野からごちゃごちゃ言うのは変なのですが。。


楽観的になる方法⑦「他人に対する嫉妬、憎悪をやめる」



嫉妬・憎悪をやめるということも重要です。

このような嫉妬はいずれ自分の心を歪ませて
返ってくると思っています。

しかも本人は気づかない場合もしばしばですが、
まず根本的に、この地球上にいる全ての
人にはその人にしか味わったことがない「経験」と「環境」というものがあります。

なので自分の「基準」で他の人を推し量ろうとしたりするのは
傲慢
以外の何者でもありません。

もし他の方からレッテルを貼られたり、他の人からの「基準」で自分を判断された場合で
もしあなたがつらいと感じたならばその人から離れる必要があります。

そういう人は何をいっても変わらないと
思ったほうがいいです。

その人が積み上げてきた何十年をあなたの一瞬の言動によって考えが変わるとは
とても思えないからです。

あなたがよりよく人生を過ごし楽観的に生きるためにも
このような人と接点を持つことはリスク
以外の何物でもありません。


少なくとも私はそう思っています。


楽観的になる方法⑧「言いたいことをはっきりと相手に伝える」



日本には本音と建前というものがあって
それは日本の美徳とされているもののひとつではありますが

言いたいことを過度に我慢すると
ストレスがたまり悲観的になる要因となります。

私は「嫌なことは嫌だ」。そのかわりに「好きなことは好き」
はっきりいえることは大事だと思っています。

しかしながら、

よくここで勘違いしている人がいるのですが
嫌なことばかり「嫌」、だめなことばかりを「だめ」だと、

それが言いたいことだと思っている人がいますが

その人は自らの自己顕示欲を示したいがためだけに行っている
ことに気づいてない人だと思っています。

私は3対1くらいの割合で「好き」と「嫌い」を言うのがベストでは
ないかと思います。


まとめ



楽観的になるというのは
悲観的にならないようにするということでもあります。

社会で生きているのならば悲観的な情報や経験をするのは
仕方がないことだと思いますが

肝心なのはその経験を自分がどう処理するかということだと思います。

そして楽観的な人には楽観的な人が集まり、楽観的な人生が用意され
悲観的な人には悲観的な人同士が集まり悲観的な人生が容易されます。

原因と結果ですね。

あなたがもし楽観的になりたいと思っているのならば
「以上に上げた楽観的になるためにはどうすればいいのか」
とその方法について考えてみると

もっと人生が豊かになってあらゆることの展望が開けてくると思います。

ではでは、ここまでお付き合いいただいてありがとうございました。

さようなら~^^
関連記事

0 Comments

Leave a comment